1
/
5

同志へ

はじめに

こんにちは、太田将也と申します。
2016年に某不動産会社に入社。新規飛び込み営業&CRMで入社半年未満で全社No1に。そこから2017年に金融業界スキル取得の為、某保険代理店へ入社。支社を立ち上げ、組織を連続達成まで導き
現在は、組織人事開発コンサルタントとして新たなチャレンジをしております。
よろしくお願いいたします。

今回は、普段人前では話さないような自分の生い立ちや今までの人生を振り返ってみました。
少々長くなってしまったため、お時間のあるときに読んでいただければと思います。

学生時代

小学校は私立の学校に通っており、小4までは受験とは縁のない普通の小学生でした。英才教育で習いことをたくさんしていたので友達と遊ぶ時間がなく、いつも外を見ていた気がします。

昔から負けず嫌いで、褒められるのが好きな性格だったため、勉強にも積極的に取り組むタイプでした。
科目の中では国語が得意で、他にもパズルやIQテストのように柔軟な思考で課題を解決することがもともと好きでした。

中学時代は両親の勧めで体操競技をはじめました。理由は両親が私をジャニーズ事務所へ入所させるためだったそうです。昔から一つのことにのめり込んでしまう癖があったのでオーディションには行かず、体操漬けの毎日を送っていました。その為、高校は全国でも屈指の実力を誇る関西高校へ入学し最終戦績は全国大会で4位でした。
また、周りに互いに切磋琢磨する仲間がいることの重要性を感じました。


OneColorsに入社するまでの経緯

同期のメンバーは皆、オリンピック出場のため体操部のある大学へ推薦入学していきました。私は高校での恩師の影響と、昔から教えられる立場ではなく教える立場に立ちたいと考えていたことから、県内でも有名な教職採用率99%の大学へ入学しました。

教育実習を体験していく中で、いつも違和感を感じていたことが「子供も教育も好きなのに楽しくない」と感じてしまうことでした。そしてこの違和感を払しょくするために毎日自問自答し続けた結果、教員として教える立場に就くのではなく、人と関わり共に人生を変え、共に幸せになること自体にやりがいを感じられるのではないか?と考え、教職には就かず、当時の知り合いの社長からの勧めで不動産会社へ入社しました。


朝7時から深夜1時まで水曜日以外毎日飛び込み営業という泥臭い環境で、金銭的なやりがいこそ感じるが自身が求めているやりがいとは違うことに気づきました。そしてより多くの人と企業に寄り添えるような企業に属せばやりがいを感じるのではないか?と考え、某保険代理店へ転職しました。関わる顧客層は5歳から85歳まで幅広く、業務内容としてはテレマーケティング・銀行提携事業、組織マネジメント・採用教育に関わりたくさんの失敗と成功を繰り返しました。それでもやはり、ずっと感じていた違和感は拭えず、モンモンと毎日を過ごしておりました。そんな時、当時のメンターからのアドバイスもあり「経営者になれば違和感は拭えるのはないのか?」とアドバイスをもらい、目標を人々を幸せにする経営者になることに設定しました。

そして働く上で重要なものが仲間と環境です。目標から逆算しより多くの【同志】と出会うために、組織人事・採用のコンサルをしている現在のOneColorsへ入社しました。

そして現在とこれから

OneColorsに入社して一番驚いたことが仲間同士の関係性です。今では自身の仕事の意味や働く理由にななってくらいです。けして慣れ合いではなく、目的や仲間の為に互いが本気で意見し合い、協力し助け合う姿勢です。私の経験上、上司が絶対という文化で育ち、例え間違ったことやメンバーが不幸になってしまう行動をしていたとしても意見を言うことが「悪」でした。

しかし、今までとは違いOneColorsでは互いに高みを目指し尊重し合うとても幸福度の高い職場でした。そして仲間と共に同じ夢を目指す日々はかけがえのないものだと感じました。

入社して現状の私の人生の目標が経営者→「すべての人が幸せに生きることができる社会を作る」という夢に変わりました。

一見遠回りに見えて近道になるのではないかと思います。

この夢を実現するための目標の1つとして経営者があるかもしれませんが、これから関わるすべての人を幸せにし続けることができれば自然に経営者になるかもしれませんし、間違いなく素敵な未来が待っているのではないかと思います。

しかしこの夢はけして容易なことではなく、1人で達成できるような夢ではないため【同志】の存在がとても大切で私の支えでもあります。


一緒にOneColorsで夢を叶えませんか?幸せになりませんか?


最後まで読んでいただきありがとうございました。