1
/
5
iOSエンジニア
on 2021-10-08 98 views

世界113ヶ国にユーザーを持つ音楽SNSアプリ、nanaのiOSエンジニア

株式会社nana music

株式会社nana music members View more

  • 1985年10月31日生まれ。兵庫県神戸市出身。
    2006年神戸高専機械工学科卒業。学生時代に独学で歌を学び、敬愛するStevie Wonderを目標にシンガーを目指す。卒業後は歌とは遠く離れた別の道を歩むも、音楽への想いは尽きることなく、より良い音楽の在り方を求めて2011年にnanaを創業。2013年4月株式会社nana musicを設立し、代表取締役社長に就任

  • 株式会社nana musicでCPO(CHRO)をしております。
    「ユーザーファースト」
    「手のひらの感動」
    「Everyone is a Co-Creator」

  • 2020年8月に、サーバーサイドエンジニアとしてジョイン。
    nanaのAPI開発を行う傍ら、開発体制の見直しや採用活動も手がけています。
    新卒で入社した大手パッケージソフトウェアの会社では、営業と開発の両方を経験。
    その後はスタートアップの創業メンバーCTOとして、開発・経営・その他様々な業務を行なってきました。
    やがて入社当初からコミットしていた時期を迎えたので、予定通り退職。
    次なるステージとして、「ワクワクするサービスor会社」を探しいてたときにnana musicと出会い、入社に至りました。
    私たちの仕事は、「〇〇を導入すれば、万事うまくいく」という類のものではありません。
    その...

What we do

  • 音で人と人がつながる音楽コラボアプリ「nana」。音楽で遊ぶことに特化した「独自フォーマット」の採用。好きなサウンドに自由に重ねる「コラボ」機能で、世界中のユーザーと音楽を楽しめます。
  • スマホ一つで、いつでもどこでも音を通じて表現し、ユーザー同士が共創していく。そうした“創造の連鎖”は、すでに全世界113カ国、1,000万人以上のユーザーへ広がっています。

株式会社nana musicは、“音楽“に特化し、スマートフォンから次世代のアーティストを輩出する音楽SNSサービス「nana」を開発・運営している会社です。
ユーザー同士で、バンド演奏・アカペラなど色々なジャンルでセッションをすることができます。

新型コロナウイルス感染症の影響で、リアルなライブ活動が難しくなってしまった昨今。
オンラインでライブ活動ができ、かつ収益化ができる場として「nana」のユーザー数は増え、現在、登録ユーザー数が1000万人を突破。総投稿数は1億、総コラボ投稿数は8,800万を突破しました!

nana公認ユーザーの認定、アプリ内でのオーディション開催、有名アーティストとのタイアップやイベントなども開催中。
今後はフルリニューアルに向けて開発を進め、よりライブ感のあるセッションや、エージェンシーとのタイアップを通じて、「nana」からアーティストとして花開くユーザーを増やしていく方針です。

今や、音楽ストリーミングサービスやライブストリーングサービスから、次世代のアーティスト・名曲が続々と輩出されている時代。音楽業界自体が変革を遂げている中で、「nana」は今後も次世代のアーティストを輩出するプラットフォームとして成長を続けています!

<今後の展開について>
現在ユーザー数が増え、ファンを持つ歌い手も増えてきている中で、才能ある人材がより活躍できる場の提供や、nanaらしさで音楽業界をより盛り上げていくためにできることなどを考えているフェーズです。nanaのリブランディングをはじめ、世界で使われる音楽サービスの成長に寄り添える、面白いフェーズだと思います!

▼「nana」についての詳細はこちら
https://nana-music.com/
「nana」によって、時間と空間を超えて異なるストーリーを持つ人がつながってゆく様子をぜひご覧ください!

▼nanaのある風景 〜 僕らの音は、必ず誰かにとどく〜音楽コラボアプリ nana コンセプトムービー
https://www.youtube.com/watch?v=I9Oi-vSNARw

<プレスリリース>
・音楽コラボSNS「nana」、登録ユーザー数1,000万人を突破!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000105.000011341.html

・UVERworld×nana第6弾「Screaming For THE LIVE」スタート!「ace of ace」「NO.1」2曲の公式音源が登場!
https://nana-music.com/blogs/uverworld-2021-06/

・グランプリはVsingerとしてオリジナルソングを配信リリース!
as gig labels × nanaタイアップ、Vsingerオーディション「ONLY VOICE」開催!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000111.000011341.html

・グランプリは有名アーティストと同じステージに!音楽コラボSNS「nana」×大阪音楽大学「DAION MUSIC TECH 2021高校生シンガー・オーディション」開催!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000110.000011341.html

・音楽コラボSNS「nana」×ボカロP「れるりり」のコラボオンラインイベント
“れるなな“、グランプリ受賞者との新曲コラボMVを公開!!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000107.000011341.html

【新サービスも開発中!】
◎楽器や歌の練習が最高に楽しくなる新サービス「eech」を準備中!
「eech(イーチ)」は音楽スキルの知識や気づきをみんなで共有しながら学び合う練習コミュニティサービスです。
まずは教材動画の共有からスタートしますが、自分の演奏にアドバイスがもらえたり、サービス内でオンラインレッスンを申し込めるような仕組みを作る予定です。部活の先輩に教わるように、友達と一緒に練習するように、誰もが先生であり、学び手にもなる最高に楽しく学び合える場所を目指していきます。

Why we do

  • nana musicは表現の敷居を下げ、誰もが安心して創造力を解放し、誰かとつながれる場をつくりたい。
  • 人々が、他者を理解し、多様性を尊重し、そして感受性豊かに、心に響くものを生み出せるようになる。そんな仕組み、サービスを、私たちはつくりたいと考えています。

――“人生は挑戦の連続です。人は生きていく中で、人それぞれ大小かかわらず必ず挑戦することは求められるし否が応でも巻き込まれる。

そんな世界の中で、自分の好きなことで自分が必ず認められる。そういう否定されない場所があってもいいんじゃないかと、思うんです。
nanaはそういう場にしたい。

自分の好きを大切にし、相手の好きを尊重できる場であってほしい。
すべての声や音に等しく価値があり、尊重される場所であってほしい。

「好き」な人たちが、「好き」を発信して、ただただ純粋に楽しむ場所なんです。“ 
(公式note『nanabox』より)

代表の文原は、学生時代、感情や意思を表に出すことが苦手でした。引っ込み思案で、オタク趣味を周りの友達にも打ち明けられず、「上手に人とつながれない」ことをコンプレックスに感じていました。

シャイで不器用で、自己肯定感も低め。
自分を題材に表現するのは苦手。
だから、承認欲求を満たせる場所がない──。

そんな非リア充だった文原に、唯一コンプレックスを解消できる「居場所」を与えてくれたのが、ニコニコ動画でした。

インターネット上でなら、人目を気にせず「これが好きだ!」と発信できる。そして、それを「キモい」と否定しないで一緒に盛り上がってくれる仲間がいる──。ようやく本当の自分を解放できる居場所を見つけ、「一人だけど、一人じゃない」と思える楽しさを知りました。

nana musicの土台には、そうした代表の原体験があります。音楽コラボアプリ『nana』は、歌や楽器演奏を好きな人たちが、それぞれの「好き」を発信して、ただただ純粋に楽しむための場なんです。

代表の文原も、昔から歌を歌うことが大好きな一人。

でも、「日常生活では自分を出せない」人にとって、好きな表現をアウトプットするのは容易なことではありません。そこで、音楽の「好き」をもっと気軽に発信できる場があったらいいな、との思いから『nana』のアイデアが誕生したわけです。

・自分の「好き」が否定されず、相手の「好き」を尊重できる場所。
・誰かと好きなことでつながって、一緒に盛り上がれる場所。
・「一人じゃないんだ」と、自分の存在を肯定できる場所。
・そして、「好き」で「楽しい」が累乗的にひろがっていく場所。

そんな仕組み、サービスを、私たちはつくりたいと考えています。

nanaの中で実現すべき体験は、「たったひとりでもいいから、好きの波長が合う人とつなぐ」こと。合わない人に無理して近づく必要はありません。波長の合う人、楽しい時間をともに過ごせる人たちとだけつながり、自分の居場所をつくれたらそれでいいと思うんです。

これをテクノロジーの力で実現していくことが、私たちnana musicの使命であると考えています。

How we do

  • 代表の文原です。「ぼくらのゴールは“nana”を世界中に広げること。広げるためには一番何が近道で、何が最適なのかを考え抜きたい。」
  • iOS、Androidでのアプリ開発、Webサービスの開発、マーケティング、ユーザーサポート、オフラインイベントの企画など、「インターネット」や「表現」「コミュニティ」といった言葉に興味のある方なら、幅広く活躍できる場です。

【BELIEF】
Everyone is a Co-Creator

誰しもが皆、クリエイターです。
ほんのちょっとの創造力、ほんのちょっとの発想やアイデアで、
たくさんの楽しさを生み出せる。私たちは、そんな力を持っています。

誰かが生み出したモノは、また他の誰かの創造力を広げる。
あなたのイマジネーションは、誰かのインスピレーションになる。
そうやって、私たちはつながっています。

これら"共創"によって、人の創造力は更に一歩前に進み、
その結果、人々がより他者を理解し、多様性を尊重し、
そして感受性豊かに、心に響くものを生み出せるようになります。

私たちnana musicは、共創を通じて楽しさを生み出し、
人々の創造力を高める、そのための仕組み、サービスをつくっていきます。

【nana musicのバリュー】
◆Keep Surprising - 驚かせ続けよう
ユーザーに、そして社会全体に対しても、どうすれば「WOW」を届けられるか。「なるほど」「その手があったか」「なんでこんなこと思いつかなかったんだろう」これらの言葉はみな、私たちの大好きな言葉です。みんなに驚きを届けるため、私たちは考え抜き、最高のプロダクトを生み出せるまで妥協しません。

◆Clarify The Essence- 本質を見極めよう
どんなフェーズのどんな物事にも、必ず“真ん中“が存在します。本当に大切なものはなにか、コアな 価値はなんなのか、ひとつしか選べないとしたらなにを選択するか。私たちは常に考え抜き、ポイント を見極め、そこの改善に全力で取り組みます。

◆Try First - まずは試してみよう
まずは小さくやってみよう。実証があれば、柔軟に戦略を変更します。小さなチャレンジを積み重ねた回数と、チームとしての強さは比例すると私たちは考えます。

◆Respect Mutually - お互いを尊敬しよう
数字やロジックはとても大切ですが、あくまでも材料にしか過ぎません。その材料をどう調理するかは個々の主観次第なので、主観のぶつけ合いは大いに結構。ただしそこには、お互いの尊敬、尊重が必須です。互いを尊重し、その上で忌憚なき意見を言い合えるチームであることを、私たちは大切にします。

【nana musicで働く仲間たち】
現在、従業員数は17名(男性9名・女性8名)、平均年齢は33歳。
音楽好きなメンバーが多い会社ですが、好きなジャンルはみんなバラバラ。
自分で歌ったり演奏したりする人もいれば、「歌わないし演奏もしない」という人もいます。

【音楽が得意な人じゃないとダメ?】
「nana」は音楽のサービスですが、決して歌が好きな人や楽器の弾ける人を求めているわけではありません。音楽は普遍的なものであり、生活の一部であり、特別なものではないからです。

iOS、Androidでのアプリ開発、Webサービスの開発、マーケティング、ユーザーサポート、オフラインイベントの企画など、「インターネット」や「表現」「コミュニティ」といった言葉に興味のある方なら、幅広く活躍できる場です。

nana musicの目指す世界や、音楽コラボアプリ「nana」の世界観に共感してくださった方へ。あなたからのご応募を、お待ちしております!

<最新の会社情報はこちら>
■ nana music公式note
https://note.com/nanamusic

■nana musicニュースリリース
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/11341

As a new team member

◆世界113カ国でユーザー数1,000万人突破!日本から音楽で世界的ブームを起こす、音楽コラボSNS「nana」のiOSアプリエンジニアのコアメンバーを募集!◆

2021年4月に登録ユーザー数が1,000万人を突破した「nana」
総投稿数は1億、総コラボ投稿数は8,800万を超えました。
創作活動を通じてコミュニケーションができるプラットフォームとして成長を続けています。

今後は利用ユーザーの皆さまにさらに価値を感じてもらうために、
新機能開発や「nana」の枠を超えた新規サービス開発に取り組もうとしているところです。

しかし、「nana」基本機能の改善や不具合修正などに大半のリソースが必要となるため、今の開発人員と組織体制ではユーザーにスピード感を持って新たな価値を提供することができません。

音楽を通じて世界の様々な人と繋がりを持つことができる新しいマーケットをテクノロジーの力で切り開いていくために、プロダクト志向を持って開発するiOSアプリエンジニアを募集します。

【お任せしたいこと】
弊社のiOS開発チームで、音楽SNS"nana"のアプリ開発を行なっていただきます。
少人数組織のため、新しい技術を取り入れたり、決定権も個人に持たされている環境で
代表やボードメンバー陣とも関わっていただきながら企画フェーズより携わることができます。

▼具体的には...
・ライブ画面・フレンド画面・新着画面に置ける機能追加
・新規機能追加
・Swiftでの新規機能開発 など

【チームの構成】
・nana開発チームは正社員4名(サーバーサイド3名、PM1名)の他、業務委託数名で構成されています。
・現在は基本的にリモートでオンラインMtg.やSlackでコミュニケーションを取りながら、日々の開発を行なっております。
・週1回の出社日に開発定例Mtg.で進捗や翌週以降のスケジュールの確認を行なっています。

【今後の予定】
新しい技術や難しい課題にワクワクして取り組めるようなチームにしたいです。
今後は言語やフレームワーク的な部分も新しいものにチャレンジしていきたいと考えていますが、サウンドテックカンパニーとしてAIや5Gなど新しい技術を使ってユーザーへの価値提供を行いたいと考えています。

【得られる経験】
これから本格的に開発環境を整えていくため、経営者目線で組織づくりやプロダクト開発強化にアプローチすることができます。
第二創業期として本気でグロースを目指すタイミングであるため、「nana musicの第二創業期を成功へと導いた」という実績を残すことができます。

【働き方】
現在リモートワークを導入しています。
働きやすい制度としては以下を導入していますが、やりがいを持ちつつ働ける環境を今後もっと整備していく予定です!
・フレックス制度(コアタイム11:00~15:00)
・月曜日のみ出社、その他はリモート
・キャリアサポートプログラム(書籍・研修費一部補助)

【開発環境】
言語 : Python, JavaScript, Swift, Objective-C, Kotlin, Java
フレームワーク: Django, Nuxt.js
インフラ: AWS, GCP
iOS: Swift, Objective-C
Android : Kotlin, Java
DB: MySQL, Redis
他ツールなど:Gi

【必須スキル・経験】
・SwiftでiOSアプリケーションを開発した経験(toC/受託開発でもOK)
・サービスへの思いを持って開発してきたご経験

【歓迎スキル・経験】
・自分で企画をしてアプリを開発・運用した経験・
・iOS標準ライブラリやフレームワークについての知識
・大規模ユーザーを持つネイティブアプリの開発・運用経験
・パフォーマンス最適化についての知識
・大規模ユーザーを持つネイティブアプリの開発・運用経験
・ReactiveCocoaについての知識
・astlaneなどのリリース自動化ツールの利用経験
・スクラムでの開発経験

【求める人物像】
・音楽が好きな方
・チームワークと生産性を大切にする方
・パフォーマンス最適化について知見のある方
・新しい技術のキャッチアップが得意な方
・変化に応じて自発的に動ける方

最後までお読みいただきありがとうございます!
まずは、オンラインにてカジュアルにお話ししませんか?

Highlighted stories

“共創”する人の遊び場をつくりたい。nana musicが「Everyone is a Co-Creator」を掲げる理由。
”サウンドのハイクオリティ化”について いま進めていること
nanaのこれからについて、今考えている3つのこと
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社nana music
  • Founded on 2013/04
  • 18 members
  • Featured on TechCrunch /
    Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都渋谷区渋谷2-4-3 JP渋谷4F
  • 世界113ヶ国にユーザーを持つ音楽SNSアプリ、nanaのiOSエンジニア
    株式会社nana music