丹治 信 プロフィール - Wantedly
1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan(Japanese). Go to the page for users in Japan(English).

丹治 信

ウォンテッドリー株式会社 / 機械学習エンジニア

Tokyo

丹治 信

ウォンテッドリー株式会社 / 機械学習エンジニア

Tokyo

NewProfile beta

You have to play the hand you’re dealt.

平和を愛するエンジニアに転職しました。 大学で機械学習や遺伝的アルゴリズムといったマニアックなことを学んできましたが、人に使ってもらえるサービスに活かしていきたいです。 最近Raspberry Piをいじるのが楽しいです。チェロ弾きます。 【略歴】 東京大学大学院で進化計算・機械学習と音楽情報処理の研究を行う。大学院修了後、東京大学知の構造化センターで研究員としてシラバスの可視化や自然言語処理の研究に携わる。2015年からWantedlyにエンジニアとして入社、2016年からWantedly Peopleの立ち上げに参加し機械学習の導入とグロース施策を行う。

未来

この先やってみたいこと

未来

- ビール作り - カルテット結成 - 自動ワカサギ釣りマシン - ラズパイでコーヒーをいれる - 植物を自動判別して自分が会った植物がわかるサービスを作りたい 2020年は、死ぬほど健康になる

2015年4月
-
現在

機械学習エンジニア
現在

2015年4月 -

現在

Rails、Go、Python機械学習サーバなどのサーバサイドの開発。 機械学習モデルの学習、Deployまでを含んだ機械学習チームのリード。

Wantedly People

Wantedly People

【飯テロ注意】WANTEDLY TECH BOOK執筆部の打ち上げに行ってきました!

2016年10月

【飯テロ注意】WANTEDLY TECH BOOK執筆部の打ち上げに行ってきました!

2016年10月

Sakura Timelapse, Blooming

Sakura Timelapse, Blooming

2011年4月
-
2015年3月

2011年4月 - 2015年3月

自然言語処理と機械学習。それらを用いたWEBサービスを構築。 音楽と言葉をテーマにした教育研究など。

博報財団 研究助成 優秀賞

博報財団 研究助成 優秀賞

2014年3月

ベストポスター賞

ベストポスター賞

2009年12月

自律部門最優秀賞, 村尾賞(同時受賞)、"ConBreO" GP による音楽の自動表情づけシステム

自律部門最優秀賞, 村尾賞(同時受賞)、"ConBreO" GP による音楽の自動表情づけシステム

2009年9月

- 2011年3月

東京大学

工学系研究科

- 2011年3月


スキルと特徴

ほとけ

Shintani Teppeiとその他15人が +1
16
16

データマイニング

Shintani Teppeiとその他9人が +1
10
10

こんにちは!

Ryo Sakaguchiとその他9人が +1
10
10

機械学習

Shintani Teppeiとその他8人が +1
9
9

自然言語処理

Atsushi Tanakaとその他6人が +1
7
7

平和を愛するエンジニア、charming、Python

 他 9 件

さらに表示

出版と執筆

機械学習とのつきあいかた / How to get involved with Machine Learning @ Wantedly

2019年4月

「BigQuery ML」:SQLで機械学習ってどういうこと?試しにSQLでロジスティック回帰を書いてみた。

2018年8月

【飯テロ注意】WANTEDLY TECH BOOK執筆部の打ち上げに行ってきました!

2016年10月

目標は数値で立てただけでは不十分!データを可視化して達成するためのエンジニアリングのしくみ

2016年6月

WANTEDLY TECH BOOK

2016年6月

さらに表示

実績

Wantedly People

Wantedly People

Sakura Timelapse, Blooming

みんなのマスクプロジェクト 38.3万PV

2020年4月 -

受賞と資格

博報財団 研究助成 優秀賞

2014年3月

ベストポスター賞

2009年12月

自律部門最優秀賞, 村尾賞(同時受賞)、"ConBreO" GP による音楽の自動表情づけシステム

2009年9月