Kenji Rikitake

力武健次技術士事務所 / 所長

Kenji Rikitake

力武健次技術士事務所 / 所長

Kenji Rikitake

力武健次技術士事務所 / 所長

あなたも Wantedly で
プロフィールを作りませんか?

これまでの経歴を、あなたの想いや挑戦とともに表現しよう。

いますぐ作る

自分以外は全員無視して進め

1965年生まれ。プロフェッショナルインターネットエンジニア。10歳の頃、アメリカ合衆国コロラド州ボールダーに在住。その時以来英語とコンピュータとの付き合いが続いている。 1990年にDECのVAX/VMS OSの開発者としてソフトウェアエンジニアの仕事を始め、1992年よりインターネットの運用技術の研究開発に携わる。2008年よりErlang/OTPのコミュニティ活動を始める。

#無線とラジオの人生

2018年7月 -

好きなことをして生きていくこと - 並行な混沌

2017年1月

未来

この先やってみたいこと

未来

これから IT が 医学・農業・環境などの実社会に貢献していく中で、情報技術の専門家として社会基盤を支えていきたい。

2014年4月
-
現在

2014年4月 -

現在

自分の持つ技術士のライセンスを活かし、プロフェッショナルの個人として活躍する。

2014年4月 -

現在

自分の持つ技術士のライセンスを活かし、プロフェッショナルの個人として活躍する。

ラジオ受信ソフトウェアairspy-fmradionを開発

SoftFMとNGSoftFMというソフトウェアをベースにしたものを大幅に拡張し、FM放送だけでなくAMやSSBの受信も可能にした、オープンソースのラジオ受信ソフトウェアを開発しました。 2019年でもっとも力を使った研究作業だったと思います。

2019年

CODE BEAM STO 2019に登壇

2019年5月

Builderscon Tokyo 2018に登壇

2018年9月

CODE BEAM STO 2018に登壇

2018年5月

Erlang and Elixir Factory SF Bay Area 2017に登壇

2017年3月

Erlang User Conference 2016に登壇

2016年9月

Erlang Factory SF Bay Area 2016に登壇

2016年3月

手頃な価格で作れるハードウェア乱数発生器の製作と評価 | インターネットと運用技術シンポジウム 2015

2015年11月

Erlang/OTP ver.18に疑似乱数モジュールrandが採用

Erlang/OTPのバージョン18より、開発に加わった疑似乱数モジュール rand が新たに採用されました。 このモジュールは、周期の短かかったそれまでのrandomモジュールに対し、より周期の長いアルゴリズムを採用して、疑似乱数の一様性と統計的安全性を高めたものです。 なお、本件はErlang/OTP TeamのDan Gudmundsson、ならびにXorshift*/+両アルゴリズム開発者のSebastiano Vigna両氏と共に行われたものです。両氏の尽力に深く感謝致します。

2015年6月

2017年1月
-
現在

ペパボ研究所 客員研究員
現在

2017年1月 -

現在

事業を差別化できる技術を作り出すために「なめらかなシステム」というコンセプトの下で研究開発に取り組む。

ペパボ研究所 客員研究員

2017年1月 -

現在

事業を差別化できる技術を作り出すために「なめらかなシステム」というコンセプトの下で研究開発に取り組む。

共著:IoTデバイス内アプリケーションの開発効率向上のために コードの変更を動的に適用する方式の提案と実装 | 情報処理学会の第207回SE研究発表会

2021年3月

インターネットとオープンな無線技術の今後 | 第51回インターネットと運用技術研究会(IOT51)

2020年9月

コンピュータとランダムネスの現状 - ペパボ研究所ブログ

2019年2月

Hosting Casual Talks #4に登壇

2017年9月

共著:FastContainer: Webアプリケーションコンテナの状態をリアクティブに決定するコンテナ管理アーキテクチャ

2017年6月

共著:アクセス頻度予測に基づく仮想サーバの計画的オートスケーリング

2017年6月

共著:特徴抽出器の学習と購買履歴を必要としない類似画像による関連商品検索システム

2017年5月

共著:高集積マルチテナントWebサーバの大規模証明書管理

2017年5月

ペパボ研究所における学術的研究の意義 - ペパボ研究所ブログ

2017年1月

情報処理学会第8回インターネットと運用技術シンポジウム2015に登壇

2015年11月

2013年2月
-
2013年9月

シニアソフトウェアエンジニア

2013年2月 - 2013年9月

Erlang で記述された分散キー・バリュー・ストアである Riak について、特にセキュリティがより良く担保されることを目指す。

シニアソフトウェアエンジニア

2013年2月 - 2013年9月

Erlang で記述された分散キー・バリュー・ストアである Riak について、特にセキュリティがより良く担保されることを目指す。

Erlang Factory SF Bay Area 2013に登壇

2013年3月

2010年4月
-
2013年1月

国立大学法人 京都大学 情報環境機構 IT企画室 教授

2010年4月 - 2013年1月

京都大学の全学キャンパスネットワークと情報システムを含む情報基盤の インターネット/情報/コンピュータ・セキュリティについて 戦略的立案と技術コンサルティングを行う。

国立大学法人 京都大学 情報環境機構 IT企画室 教授

2010年4月 - 2013年1月

京都大学の全学キャンパスネットワークと情報システムを含む情報基盤の インターネット/情報/コンピュータ・セキュリティについて 戦略的立案と技術コンサルティングを行う。

電子情報通信学会 通信ソサイエティ活動功労賞

2010年9月

2010年4月

学術情報メディアセンター 連携研究部門 情報セキュリティ分野 教授

2010年4月

大規模並行並列分散コンピューティング環境におけるインターネット・セキュリティ技術の研究。

TinyMT Pseudo Random Number Generator for Erlang | Erlang'12: Proceedings of the 2012 ACM SIGPLAN Erlang Workshop

2012年9月

SFMT Pseudo Random Number Generator for Erlang | Erlang'11: Proceedings of the 2011 ACM SIGPLAN Erlang Workshop

2011年9月

ACM SIGPLAN Erlang Workshop 2011

2010年9月

Implementing SFMT PRNG on Erlang | Tokyo Erlang Workshop #5

2010年8月

Defending Academic Networks: The Organizational Implications | Proceedings of IPSJ Computer Security Symposium 2010 (CSS2010)

2010年4月

2005年4月
-
2010年3月

情報通信セキュリティ研究センター インシデント対策グループ(旧セキュリティ高度化グループ)専攻研究員

2005年4月 - 2010年3月

インターネットのセキュリティに関わる技術的課題の解決に取り組む。侵入検知の可視化・分析システム NICTER の概念設計を行う。

情報通信セキュリティ研究センター インシデント対策グループ(旧セキュリティ高度化グループ)専攻研究員

2005年4月 - 2010年3月

インターネットのセキュリティに関わる技術的課題の解決に取り組む。侵入検知の可視化・分析システム NICTER の概念設計を行う。

C以外の言語を調べる中で Erlang に出会う

DNS のサーバーというのはC言語で書かれているのですが、ヘッダーだけで1000行あるというものでエンジニアとしてこれを続けていては成長が難しいと思い、他の言語を色々調べる。 その中で Erlang に出会った。Erlang は不変性・並行処理などを備え、分散システムを構築するための先進性がある言語・処理系であると考え、これを使おうと思った。

2008年4月 - 2009年

共著:Design and Evaluation of NGN/IPv6 Security Test System | IEICE Technical Report ICSS2009-26

2009年6月

ACM Senior Member

2009年2月

共著:SSH Distribution Transport on Erlang Concurrent System | Proceedings of IPSJ Computer Security Symposium 2009 (CSS2009)

2009年1月

DNSセキュリティ向上に関するトランスポート層の問題に関する研究を行う

大学でやり残した仕事でもあった、DNS について研究を行なった。

2006年 - 2008年

共著:Application Security of Erlang Concurrent System | Proceedings of IPSJ Computer Security Symposium 2008 (CSS2008)

2008年10月

共著:UDP Large-Payload Capability Detection for DNSSEC | IEICE Trans. Inf. Sys.

2008年5月

共著:NGN and Internet: from coexinstence to integration | Proceedings of ITU-T “Innovations in NGN” Kaleidoscope Conference

2008年5月

IPv6化に伴うセキュリティ環境変化とその影響について | 第4回 次世代の情報セキュリティ政策に関する研究会

2008年1月

共著:IP fragmentation and the implication in DNSSEC | IPSJ SIG Technical Reports 2007-CSEC-37

2007年1月

共著:DNS Security: Now and The Future | IEICE Technical Report ICSS2007-01

2007年1月

ネットワーク・インシデント分析システムNICTERの概念設計を担当

インターネット上で到達可能かつ未使用のIPアドレス空間であるダークネットを観測するプロジェクトNICTERの概念設計を担当しました。

2005年 - 2006年

共著:インシデント分析センタ nicter の可視化技術 | IPSJ SIG Technical Report 2006-CSEC-34

2006年7月

共著:変化点検出エンジンを利用したインシデント検知システムの構築 | SCIS2006シンポジウム会議録

2006年1月

共著:インターネットにおける実時間イベント分析の研究開発 | SCIS2006シンポジウム会議録

2006年1月

共著:ネットワークインシデント分析システム構築運用におけるユーザインタフェースの検討 | SCIS2006シンポジウム会議録

2006年1月

共著:自己組織化マップを用いたネットワークインシデント分析の研究 | SCIS2006シンポジウム会議録,

2006年1月

共著:DNSSEC Feasibility Issues and the Transport Validation Assessment | Proceedings of IPSJ Computer Security Symposium 2006 (CSS2006)

2006年1月

共著:A Study of DNSSEC Operation and Deployment | IEICE Technical Report ICSS2006-06

2006年1月

DNS の抱えるセキュリティ・リスクと対策 | 平成17年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集

2005年7月

共著:インシデント分析のためのホストプロファイリングの検討 | 信学技報

2005年1月

共著:シミュレーションによるDNSSECのUDPトラフィック解析 | IEICE Technical Report ISEC2005-22

2005年1月

2003年4月
-
2005年3月

大阪大学大学院

2 years

情報科学研究科 マルチメディア工学専攻 博士後期課程

2003年4月 - 2005年3月

KDDI 研究所の上司の薦めもあり、大阪大学との共同研究でドクターを取ることを志す。

大阪大学大学院

情報科学研究科 マルチメディア工学専攻 博士後期課程

2003年4月 - 2005年3月

KDDI 研究所の上司の薦めもあり、大阪大学との共同研究でドクターを取ることを志す。

A Study of DNS Transport Protocol for Improving The Reliability | Ph.D. dissertation, Graduate School of Information Science and Technology

2005年2月

共著:DNSSEC トランスポートオーバヘッド増加に関する解析 | IPSJ SIG Technical Reports 2005-CSEC-28

2005年1月

共著:Internet Security Management on Teleworking Environment | Proceedings of the Sixth Japan Telework Society Conference

2004年4月

共著:IPv6移行に伴うDNSペイロード長増加に関する解析と考察 | 信学論(B)

2004年1月

DNSの信頼性とセキュリティ問題 | セキュア・ネットワーク構築のための人材育成 成果報告会

2003年10月

共著:T/TCP for DNS: A Performance and Security Analysis | IPSJ Journal

2003年8月

共著:Securing Public DNS Communication | IPSJ SIG Notes 2003-CSEC-20

2003年2月

共著:Behavioral Analysis of DNS and TCP Connections | Proceedings of IPSJ Computer Security Symposium 2003

2003年1月

共著:Resource Consumption Analysis of DNS Servers against DoS attacks | IPSJ SIG Technical Reports 2003-QAI-8

2003年1月

2001年1月
-
2005年3月

セキュリティグループ 主任研究員

2001年1月 - 2005年3月

自分自身のDNSとリモートワークへのこだわりから、そういった実践の中で見える技術的な課題を解決するために、DNS、IDS、リモートワークの3本柱で研究を行う。

セキュリティグループ 主任研究員

2001年1月 - 2005年3月

自分自身のDNSとリモートワークへのこだわりから、そういった実践の中で見える技術的な課題を解決するために、DNS、IDS、リモートワークの3本柱で研究を行う。

共著:DNS Transport Size Issues in IPv6 Environment | Proceedings of the 2004 International Symposium of Applications and the Internet (SAINT2004) Workshops

2004年1月

共著:Intrusion Trap System における安全で有効なログ収集のための動的切換え機能の実装 | IPSJ Journal

2003年8月

共著:在宅テレワーク用境界システムのセキュリティ確保 | IPSJ SIG Notes 2002-CSEC-17

2002年5月

情報処理学会第63回全国大会 大会優秀賞

2002年3月

共著:侵入検知による強固なDNSの設計 | Proceedings of IPSJ Computer Security Symposium 2002

2002年1月

共著:着信ポート番号のランダム化によるサーバー防衛 | IPSJ SIG Notes 2001-CSEC-15

2001年12月

共著:インターネットVPNによる安価なテレワーク環境の構築とその問題点の解決 | ヒューマンインターフェース学会 HIS2001 シンポジウム論文集

2001年1月

共著:ダイヤルアップ型ADSLのためのDNS支援手法 | 情報処理学会コンピュータセキュリティシンポジウム2001論文集

2001年1月

共著:菊地高広, 永田宏, 浅見徹 | テレワーク勤務環境での情報セキュリティ管理 | 情報処理学会第63回全国大会講演論文集

2001年1月

1992年4月
-
2000年12月

京都ネットワーク技術研究所 主任研究員・所長代理

1992年4月 - 2000年12月

まだ誰も先が予測できなかったインターネットについて、つないでいくこと、使っていくことそのものを、研究と実業の両方としてやっていく。

京都ネットワーク技術研究所 主任研究員・所長代理

1992年4月 - 2000年12月

まだ誰も先が予測できなかったインターネットについて、つないでいくこと、使っていくことそのものを、研究と実業の両方としてやっていく。

Breaking Barriers to Popularize Internet Streaming Broadcast | Proceedings CD-ROM of INET2000 The Internet Global Summit

2000年4月

プロフェッショナルインターネット | オーム社

1998年4月

企業内ネットワーク運用と WIDE 京都 NOCの運用を支援

企業内ネットワーク運用では東京、大阪、福岡、名古屋オフィスをどうつなぐか、IP アドレスをどう分けるかなどを考える。NOC では特定の組織と広域ネットワークとつなぐ運用を行う。

1995年 - 1997年

インターネットコミュニティ 国際ネットワーク最前線 | オーム社

1994年11月

1990年4月
-
1992年4月

研究開発センター 国際システム開発方式部 ソフトウェアエンジニア

1990年4月 - 1992年4月

オペレーティング・システム VMS を改善すること。もともと DEC が設計を行った VMS のユーザーだったので思い入れがありました。

研究開発センター 国際システム開発方式部 ソフトウェアエンジニア

1990年4月 - 1992年4月

オペレーティング・システム VMS を改善すること。もともと DEC が設計を行った VMS のユーザーだったので思い入れがありました。

SMGRTL 画面表示ライブラリのアジア言語化に従事

香港にいるチームと、日本語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語をまとめてサポートするアジア言語化のプロジェクトに従事。

1990年4月 - 1992年

1988年4月
-
1990年3月

東京大学

6 years

大学院 工学系研究科 情報工学専攻 修士課程

1988年4月 - 1990年3月

HHKB で有名な和田英一先生の研究室で学ぶ。当時、ZIP など複数の無損失データ圧縮アルゴリズムが出てきた時代であったため、修士論文での研究ではそれらのサーベイを行った。

東京大学

大学院 工学系研究科 情報工学専攻 修士課程

1988年4月 - 1990年3月

HHKB で有名な和田英一先生の研究室で学ぶ。当時、ZIP など複数の無損失データ圧縮アルゴリズムが出てきた時代であったため、修士論文での研究ではそれらのサーベイを行った。

1984年4月

工学部 計数工学科 計測工学コース

1984年4月

温度、気圧、湿度など、さまざまなものから情報を取得することについて学ぶ。コンピュータ技術に限らず、電子工学など物理的な領域も取り扱った。


スキルと特徴

Erlang/OTP

0

Elixir

0

無線技術

0

インターネット・プロトコル

0

乱数アルゴリズム

0

Publications

共著:IoTデバイス内アプリケーションの開発効率向上のために コードの変更を動的に適用する方式の提案と実装 | 情報処理学会の第207回SE研究発表会

2021年3月

インターネットとオープンな無線技術の今後 | 第51回インターネットと運用技術研究会(IOT51)

2020年9月

コンピュータとランダムネスの現状 - ペパボ研究所ブログ

2019年2月

共著:FastContainer: Webアプリケーションコンテナの状態をリアクティブに決定するコンテナ管理アーキテクチャ

2017年6月

共著:アクセス頻度予測に基づく仮想サーバの計画的オートスケーリング

2017年6月

さらに表示

Accomplishments/Portfolio

ラジオ受信ソフトウェアairspy-fmradionを開発

2019年

CODE BEAM STO 2019に登壇

2019年5月

Builderscon Tokyo 2018に登壇

2018年9月

#無線とラジオの人生

2018年7月 -

CODE BEAM STO 2018に登壇

2018年5月

さらに表示

Awards and Certifications

情報処理安全確保支援士

2018年10月

情報処理技術者試験 ネットワークスペシャリスト

2014年12月

第一級陸上無線技術士

2014年3月

Erlang Foundation Certification

2014年3月

電子情報通信学会 通信ソサイエティ活動功労賞

2010年9月

さらに表示