1
/
5
This page is intended for users in Malaysia. Go to the page for users in United States.
レガシーな業界に一石を投じるスタートアップの採用戦略。Wantedlyで採用とブランディングの両軸に取り組む
リカー・イノベーション株式会社
創業年度 2013年
採用職種 全職種
雇用形態 Midcareer/Newgrad
従業員規模 30 people or less
業界 Life
地域 Kanto
導入前の課題

企業認知が少ない、ミッションフィットした人材を採用できていない

利用プラン・期間

ミニマムプラン(年間)

導入後の実績

ブランディングコンテンツの定期配信に着手、ミッションフィットした人材からの応募が増加

牧田様に、Wantedly Adminを活用することのメリットや運用する上でのコツをお聞きしました。

Challenge
「お酒の新しい価値」を共に探してくれる人材を求めていた
Challenge

 

ー貴社の事業内容を教えてください。

 

牧田様:弊社は「日本のお酒に新しい価値を作る」をミッションに事業を展開する、お酒のスタートアップです。お酒の業界はすごくレガシーであることで知られているのですが、伝統を守りながらも、業界に革新を起こしたいと考えています。

 

具体的には、お酒の生産に始まり、日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET」や梅酒/果実酒専門店「SHUGAR MARKET」などの店舗展開まで、一気通貫することでブランドの価値向上に努めています。

 

ー採用に関する課題にはどのようなものがあったのでしょうか。

 

牧田様:部署によって具体的な課題感は異なるのですが、とくにコーポレート部署で働く人材の採用に苦戦していました。

 

スタートアップなので、なかなか自社の取り組みを発信する機会がなかったことが一番の原因でした。

 

どうしてお酒の領域でビジネスを展開するのかを始めたとした想いをしっかりと伝える、いわゆる採用ブランディングに注力したいと考えていたんです。

 

ーさまざまな媒体がある中で、Wantedly Adminを活用するに至ったのはなぜでしょうか。

 

牧田様:人材の募集と採用ブランディングの両軸に取り組める媒体だと思ったためです。

 

とくに本社のコーポレート部署には、事業への共感が強くミッションフィットした人材を採用したいと考えていたので、ブランディングを行いつつ、かつ採用にも繋げていきたいと考えていました。

Solution
社員インタビュー記事のリリースが社内でも好評
Solution

 

ー現在はWantedly Adminをどのように活用されていらっしゃいますか。

 

牧田様:現在はライトプランを契約しており、募集記事のリリースをメインに、合間でストーリー記事もリリースするといった使い方をしています。

 

現在、人事を担当しているのが僕ひとりなので、まだまだやりたいことがたくさんある状態です。とくにストーリー記事では、今まで取り組めていなかった採用ブランディングコンテンツとして、社員インタビューや勉強会レポートなどをリリースしています。

 

ーストーリー記事を制作する上で意識しているのはどんなことですか。

 

牧田様:社内の様子をしっかりと届けることです。弊社で働く社員を取り上げることで「一緒に働きたい」「社風がわかる」と感じてもらいたいので。

 

とくに意識しているのは、企画そのものの精度を上げることです。たとえば、最近では数あるストーリー記事の中でも、社内で社員インタビューがすごく好評なんです。「読んだよ」「面白かった」といった感想ももらえますし「自分や〇〇さんも取材してほしい」と声が上がることもあるくらいですから。

 

インタビュー記事のリリースが社員のモチベーション向上に繋がっていると思うと、すごくうれしいですね。

Result
ミートアップの定期開催で求職者との接点を増やす
Result

 

ーWantedly Adminを導入後、実際に採用にもつながっていますか。

 

牧田様:直近1年では、広報と店舗の店長、計2名をWantedly Admin経由で採用しています。まだスタートアップなので採用数自体を増やすことは難しいのですが、応募数や選考通過数は、以前と比較して増加している実感があります。

 

とくに、Wantedly Admin経由で応募してくださる場合は、ミッションフィットしているケースがほとんどなので、採用ブランディングの効果を実感しますね。

 

ー今後、Wantedly Adminへ期待することを教えてください。

 

牧田様:まずはストーリー記事のリリース頻度を高めていきたいと思っています。社員インタビューで、まだまだ取り上げられていない社員を引き続きフィーチャーしていきたいなと。

 

あとは、先日初めてミートアップ機能を使って、ミートアップを開催してみたんです。多くの方にご参加いただけて集客ツールとしての可能性を感じられたので、今後は定期的にミートアップも企画していきたいと思っています。

成果報酬なし。採用コストを抑えられます。
Wantedlyは、運用の工夫で採用単価が抑えられ、使えば使うほどお客様に採用効果を感じていただけるよう、
成果報酬のかからない毎月定額の料金モデルを採用しています。
類似の採用事例
GET
STARTED

Take the first step  to hire quality talent