1
/
5

Continue Learning to Contribute and Progress in My Favorite Field【WNI Forecast Center Development・Ade Yusuf Rahardian】

Ade Yusuf Rahardian creates internal systems such as weather forecast accuracy monitoring systems at Weathernews and provides cloud computing solutions tailored to the team's needs. In addition to improving his skills in Japanese, he draws a further vision---

-My Love for Computers and Japan Led Me to Work at Weathernews inc.

I've always been fascinated in computers since my childhood.

Years ago, I had the chance to participate in all kinds of competitions related to computers, and discovered the fun of analytical and logical skills. That is why I entered the Informatics department while studying at a college in Indonesia.

My interest in computers is also coupled with an interest in Japanese culture such as J-Pop music. So in addition to honing my IT skills, I also really enjoy learning Japanese so that I can continue my career in Japan. I think this is one of the intrinsic motives that led me to start a career at Weathernews.

There were two aspects I looked at when choosing which company to go to. First, to be able to use and improve my skills in software engineering. Second, the workplace environment provides opportunities to utilize my interest in learning Japanese. I think being able to enjoy the work environment is one of the important things when looking for a place to work.

I believe working in Japan will give me the opportunity to acquire valuable skills and knowledge for my career and also provide me with a pleasant cultural experience. Besides improving my IT skills, I can also improve my communication skills and grow to be a better person.

Based on this intention, I joined Weathernews for a couple good reasons. In 2018, I had the opportunity to participate in an internship program at Weathernews Inc. Though a short-term experience, I was excited to finally experience working in a global company in Japan.

Weathernews' corporate vision "I want to help out in times of need" fits perfectly with one of my values, which is to help others. In addition, the fact that Weathernews provides a wide range of services to various regions of the world also helped me decide to apply for a job there.

-A Great Work Environment and Place to Grow Using Skills in Japanese


In 2020, after 3 months of onboard training, I was assigned to the Smart Development team in the WNI Forecast Center (WFC). Now in my second year, I am still in this same team. At first, I didn't know exactly what I had to do to contribute to my team. My desire to contribute sparked me to actively use Japanese in communication, so I also feel that my Japanese language skills have also improved by this effort.

I’m glad my leader lets me work on something and share my accomplishments with the entire team even though I was still relatively new at that time. I find this culture at Weathernews very interesting in that everyone is open to know what others are doing.

In addition, my leader also let me analyze the weather accuracy of various competitors. By knowing about our competitors, we can understand our position in the market, which helps in making decisions.

As time goes by, I am still trying various things which are mainly to make internal tools for the team.

For example, recently, forecast accuracy has become a hot topic, so I tried to provide a solution to the team to improve the accuracy of weather forecasts in the form of a system that can help the operations team monitor the accuracy of forecasts at the WFC (WNI Forecast Center) to achieve the team KPI. By this, the operations team will provide feedback to the development team so that it can help improve overall accuracy and services.

It's only been a short time since I joined the company, but I feel there is a gap.

During college, I thought the workplace was a place where everything was clear, what problems had to be solved were neatly arranged, and we just had to work on them. But the truth is, we have to take sufficient initiative to get the information and other things you need.

A lot of details will not be explained to you - it's your responsibility to ask for clarification, find the information you need, etc.

We may not get many reminders that something important is going on - we may only get one notification and you need to pay attention to it and remind yourself. This was difficult at first, but over time I felt that my ability to manage information and take initiative had grown.

I think encouragement from the team and a culture of initiative and autonomy in doing things are really connected to my growth.

We’re the one who best understands what we are doing. Then we will also make continuous improvements to what we’re doing, this can be accelerated by sharing with others. Sharing with others what you've done will lead to other people's input and ideas that you may not have thought of during development.

I often try to share what I do with many others, not limited to a small team. This is the culture I found about Weathernews and trying to apply. I think that getting used to communicating in Japanese also made it easier for me to communicate with the team more smoothly.

-Doing Meaningful Work that Affects and Helps Others


In 2020, I learned and applied my engineering knowledge of AWS with the aim of being able to provide cloud computing solutions according to the needs of the team, in addition to making internal tools including the weather forecast accuracy monitoring system.

I feel that I’m doing valuable work in solving problems quickly and accurately to help others.

My core value is to do meaningful work that can positively affect and help others.

-Understanding and Applying Advanced Technology--Continuing to Gain New Knowledge for That

Right now, I’m interested in cloud computing, so I want to try to pursue becoming a professional Cloud engineer.

Being in my twenties, there are still many things that I have not tried, and a lot to do. I hope that I can continue to learn and utilize my knowledge, including and beyond IT.

-「たくさんのことを学び続けたい」──自分の好きな環境で、成長とともに目指す貢献

ウェザーニューズで天気予報の精度監視システムなどの社内ツールの作成や、チームのニーズに合わせたクラウドコンピューティングソリューションを提供しているAde Yusuf Rahardian。日本語を学びながらも、うまく駆使して、さらなるビジョンを描いています。そんなAdeのこれまでと想いを紹介します。

-コンピューターと日本が好き。ウェザーニューズを選んだ決め手

私は小さいころからコンピューターへの興味を持っていました。

昔、コンピューター関連のあらゆる競技会に参加する機会があり、そこで分析力や論理力を使うのが楽しいと思ったことがそのきっかけでした。その後、インドネシアの大学に在学中に、情報学科を専攻するようになりました。

そうして生まれた私のコンピューターへの興味は、J-POP音楽のような日本文化への興味とも結びついています。ですから、ITスキルを磨くだけでなく、日本で仕事を続けるために日本語を学ぶこともとても楽しいんです。これが、私がウェザーニューズで仕事を始めることになったきっかけの一つでもあります。

会社選びをする中では二つの軸がありました。一つは、ソフトウェアエンジニアリングのスキルを活用し、向上させる環境があること。もう一つは、日本語学習への興味を活かすために、日本語が使われる環境であること。やはり、職場を探す上で、職場環境を楽しめることは大切なことだと思います。

また、日本で働くこと自体が、自分のキャリアのために貴重な技能や知識を身につける機会になると思いますし、それはまた、楽しい文化体験にもなると思います。ITスキルの向上だけでなく、コミュニケーションスキルも向上し、より良い人間として成長することができます。

そうした中で、ウェザーニューズへの入社を決めたのには、さまざまな理由があります。まず、2018年にウェザーニューズ社でインターンシップを経験したことです。短い経験でしたが、日本のグローバル企業で働くことができて興奮しました。

また、ウェザーニューズの企業ビジョン「いざという時 、 人の役に立ちたい」は「他の人たちの役に立つ」という私の価値観の一つとぴったり合っていたんです。それに加えて、ウェザーニューズは幅広いサービスを提供し、世界のさまざまな地域で事業を展開していました。こうしたことが、ウェザーニューズへ入社をする決め手になりました。

-ウェザーニューズの環境で感じる良さ。日本語を通じて成長を掴む

2020年、3カ月のトレーニングをした後、私はWNI予報センター (WFC) Smart Developmentに割り当てられました。2020年12月現在で、2年目です。

最初は、チームに貢献するために何をしなければならないのかがわかりませんでした。しかし、貢献したいという想いから、積極的に日本語でコミュニケーションをとるようになりました。それによって、日本語も上達した気がします。

当時私はまだまだ新人でしたが、リーダーが何かといろんなことをやらせてくれました。さらに、チーム全体に私がやったことを共有してくれたんです。こうしたリーダーの行動が嬉しかったですね。だから、ウェザーニューズにある、この文化は、わたしにとって非常に印象的なんです。

また、私は競合の気象精度の分析を任されています。競合他社を理解することで、市場における当社の立場を理解できるので、意思決定にも役立てることができています。

こうして、私は現在、チームのための内部ツールをつくることを中心に、さまざまなことを試しています。

たとえば、最近では予報の精度が話題になっています。そこで、天気予報の精度を向上させるためのソリューションとして、運用チームがWFC (WNI予報センター)で予報の精度を監視してチームのKPIを達成できるようなシステムを開発チームに提供しました。そうすることで、全体の精度やサービスの向上に役立てるようにしています。

まだ、入社して間もないですが、入社前と入社後ではギャップを感じています。

大学時代は、職場は物事がはっきりしている場所だと思っていました。やるべきことがきちんと整理されていて、それに取り組む場所だというイメージです。しかし、実際には、自分が必要な情報やものを手に入れるためには、率先して動かなければなりません。

それに、最初から十分な説明をしてもらえるわけではありません。ですから、説明を求めたり、必要な情報を自分で見つけたりする必要があります。

また、会議などの何か重要な予定があるときに、一回しか知らせてもらえないこともあります。そうした際に、思い出したり、忘れないようにしたりする必要があるんです。最初は苦労しましたが、次第に自分の情報管理能力や自発性が向上してきたことを感じました。

ウェザーニューズでは、-チームからの激励をもらえるし、物事を行う上での自発性と自主性の文化が根付いているんです。そうした環境が、私の成長につながっていると思います。

また、私たち自身がそれぞれの仕事の目的やその成果を最もよく理解しています。その中で、日々の活動を継続的に改善し、他の人と共有することで仕事のスピードを加速することが必要です。というのも、自分が行ったことを他の人と共有することは、他の人の意見やアイデアにつながるんです。

ですから、-小さなチームに限らず、自分の仕事を他の人と共有するようにしています。これは私がウェザーニューズで好きな文化ですね。日本語でのコミュニケーションに慣れることで、チームとのコミュニケーションもスムーズになったと思います。

-人に影響を与えたり、助けたりできる意味のある仕事がしたい

2020年の現在は、天気予報の精度監視システムなどの社内ツールの作成に加え、AWSで学んだ技術知識を応用し、チームのニーズに合わせたクラウドコンピューティングソリューションを提供しています。

こうした業務の上では、迅速かつ正確に問題を解決でしたり、人の役に立ったりすることにやりがいを感じています。

また、仕事をする上で大事にしているのは、人に影響を与えたり、助けたりするような意味のある仕事をすることです。

-進む技術を理解し、実践する。そのために多くのことを学び続ける

現時点ではクラウドコンピューティングに興味があるので、今後はプロフェッショナルなクラウドエンジニアを目指していきたいです。

これからも技術が進歩していく中で、将来は最新の技術を理解できるようになりたいです。しかし、技術を理解するだけでは十分ではありません。むしろ、理解した上で、実行に移セることが一番大切だと思います。

私はまだ20代なので、まだまだやっていないこと、やることがたくさんあります。今後もIT知識に限らず知識を学び続けて、活用していきたいと思います。

株式会社ウェザーニューズ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings