1
/
5

【新卒1年目】文系大学生だった僕がWEBベンチャー企業へ… 大手企業ではなくW-ENDLESSを選んだ理由

初めまして! 2020年卒 W-ENDLESS新卒1年目の島本優太と申します。

本記事では、W-ENDLESSに入社するまでの就活期~入社後の出来事を新卒目線で書かせて頂きたいと思います!

■プロフィール
島本優太(Yuta Shimamoto)

【出身地】石川県
【出身大学】同志社大学
【所属】インターネット広告事業部
【業務内容】WEB広告のプランニング、運用

大学時代は京都にある大学の商学部で会計を学んでいた。京都の大学生らしく、お寺で働くなどの経験を経て、2020年4月に株式会社W-ENDLESSに入社。入社後はインターネット広告事業部に配属され、広告のプランニング~運用までの業務をこなしている。

なぜW-ENDLESSに入社を決めたのか

入社を決めた1番の理由は、市場規模が伸びているWEB業界の中でも、急成長中のW-ENDLESSで「会社に依存しない個人の力を確立したい!」と思ったことです。

元々3回生の初め頃から4回生に上がるまでは、メーカーなどを中心に大企業志向で就活を進めていました。なんとなく安定を求めた就活生です。

数社から内定を頂いていたのですが「改めて自分がやりたい、合っている仕事って何だろう。この変化の時代に『安定』って何なんだろう。」という気持ちが強くなり、元々興味があり、変化の時代に伸びるであろうWEB業界の企業を受け始めました。

文系の学部だったこともあり、私自身に当時はWEBの知識がありませんでしたが、業界分析や自己分析を経て「WEBマーケティングの世界は自分に向いているだろう」という自信と「若いうちにやりたいと思った仕事に挑戦しよう!」という考えからの方向転換でした。

W-ENDLESSに惹かれた理由は、WEBマーケティングを行っている企業のなかでも、事業が多岐に渡り、様々な知識を得られそうだったこと。

そして、基盤もあるが、まだまだ成長中のフェーズであり、裁量権も大きいことから「ここでならやりたいことができて、成長スピードも早い!」と思ったので、入社を決意しました。

入社後の業務について

WEBマーケティングの中でも『お客様の売り上げを最大化するために』WEB広告の運用業務を中心に行っています。

WEB広告は、結果が数字として明確に表れるため、プレッシャーが大きい仕事です。その反面、自分の運用した成果が数字として表れたときの喜びは何よりも大きい仕事だと思います。

自分の作った広告バナーや文章で、広告を見た人の行動を促すことができるのは「すごく楽しいことだな」と思いながらいつも仕事をしています!

最近では、WEB広告の業務以外にも新卒採用に関わらせてもらったり、インターン生のメンターを行ったりしています。

新卒入社1年目の早い段階から、会社の人財を育てるという機会に触れさせてもらって、毎日がとても新鮮です。

特に内定者の子に業務を「教える」ということは、自分がその業務を理解した上で、説明しなければなかなか伝わらないので「より一層気を引き締めないと!」と思っています。

(教えるのって難しいです!)

僕が思うW-ENDLESSという会社

W-ENDLESSは「急成長中のベンチャー企業」ということで、変化のスピードが速いことは覚悟していましたが想像以上でした(笑)

移り変わりが激しいWEB業界であることもあり、組織体制もどんどんアップデートされていきます。

「こういう体制の方が、効率がいいんじゃないか?」となったら、柔軟に組織体制に変更があるので飽きないです。飽きっぽい人におすすめかもしれません。

組織体制が早いサイクルでアップデートされるので、その分ポストも増えやすく、早いうちから役職についたりする人もいますし「会社を自分が背負っていくぞ!!」という気概を持った人にもおすすめだと思います。

W-ENDLESSには、様々なタイプの人が働いています。例えば、デザイン系の学校出身の人や技術を追求するエンジニア、勢いのある営業マンなど、他にも私がW-ENDLESSに就職するまで出会ったことがなかった、多種多様な人が働いているのでとても楽しいです。

半年働いてみて思ったこと

W-ENDLESSでは、会社に入った以上「新人だから~」ということはありません。もちろん分からないことは、上司や先輩などがしっかりと教えてくれますが。

自分は何をすべきか、どんな価値を与えられるのかを考え抜いて、自発的に行動すべき場面がたくさんあります。

逆を言えば、自分の意識次第でどんどん行動することができるので、様々なシーンでチャレンジするチャンスがあります。

結果が伴えば、新卒入社1年目から何千万円単位のお金を動かすこともできるのはベンチャーならではだと思いました。

今後の目標

「広告運用を極めて利益を出す!」「メンターとしてインターン生を育てる!」など、今後の目標は色々ありますが、入社してから今までたくさん広告運用を任せてもらっているので、そこから得る学びはとても大きいです。

ただ単に結果を出すだけではなく、今後は学んだことを他の事業部の人たちとも共有して、シナジーを生み出せるような働きをしたいと思っています。

発展途上の組織だからこそ、自分の功績が会社に与えるインパクトが大きいので、何事にもやりがいがあります。

就活生へ

他の企業に就職しても、優秀な上司や先輩、同期の仲間ができて成長する機会はたくさんあったと思います。

ですが今は、自分の考えで挑戦する機会が多く「その分、大きく成長できているのかな」と思っています。

大手企業と中小ベンチャー企業のどちらが正解ということはありません。入社してからどのように行動するのか次第なので、就活生の間は様々な企業に触れて、視野を広げるのが良いと思います。

その中で「自分の意志で何かを成し遂げてみたい!」と思った方は、是非W-ENDLESSの説明会に参加してみてください。W-ENDLESSの一員として、一緒に働ける日を楽しみにしています。

株式会社W-ENDLESS's job postings
30 Likes
30 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more