This page is intended for users in Malaysia. Go to the page for users in United States.

業界課題への熱意は社内イチ!?営業マネジャーにお話聞いてみました≪ユニオンテックの挑戦者たち Ep.5≫

金村 剛史  2018年4月入社
不動産管理会社に新卒入社後、約3年間オーストラリアで飲食業に従事する傍ら現地カレッジへ留学。帰国後リクルートにて住宅領域の広告営業として従事。担当領域での売上進捗1位により社内表彰を筆頭に複数受賞。現在はサスティナソリューション事業務部 Managerとしてオンラインプラットフォームの職人向け営業に従事。


リクルートでも数々の表彰を受けてきた金村さんが心機一転、ユニオンテックに転職しようと思ったんですか?

正直、待遇や安定といったことを取るのであればリクルートに残るという選択肢も無くはなかったです。しかし一点だけ、強烈に惹かれたんですね。

向き合う課題の大きさと根深さです。
入社前、話をお聞きするだけで、建設業界全体の非効率の多さ、職人さんの待遇の悪さには目を見張るものがありました。(入社後、職人さんと話すと本当にかっこいい仕事をされていて、優しくて素敵な方が多いのに!)一方で自分の身の回りはみるみる便利になるのに、こういった業界の不は数十年前となんら変わっていない。

建設業界の不の解消というかつて誰も成し得ていない大義を、ユニオンテックなら業界全体に旗振りをして成し遂げられる可能性を感じたためです。

確かに他のメンバーも、会社が目指すビジョンや社会的貢献に感化されて入社される人が多いですよね!

実際に入社してみて、仕事の面白さ・やりがいを感じる瞬間はありますか??

今はチームをマネージャーとして率いて、SUSTINAという工事会社間マッチングのサービス拡販していますが、SUSTINAを介して新たな工事会社様間で新たな取引が始まったり、その事実を感謝と共にご報告頂いた時はやりがいを感じます。

実は建設業では工事案件の約80%が紹介や縁故で流通している、という大変クローズドな業界なんです。そんな業界で、SUSTINAを介し新しいお取引先と出会って頂くというある種小さな奇跡の積み重ねが、人の考えを変え、マーケットの仕組みを変え、業界のスタンダードを変える。中長期ではそんな風に繋がっていくと考えるとわくわくしますね!

いまでは、SUSTINAをユニオンテックのサポートがなくとも積極的に使って頂ける企業様も増えてきて、本当に嬉しいと同時に会員企業様に感謝の思いが絶えません。

金村さんが「業界の変革」という大きなゴールに本当に熱意を持って取り組んでいることがすごく伝わってきます。

一緒に働いているチームや会社についてはどんな風に感じていますか?

チームについては、予想していたよりも「いい人」が多いなということです。
ともするとベンチャー(かつ営業組織)だと、がつがつ売ることにフォーカスして短期視点になりがちですが、ユニオンテックでは「誰かの役に立ちたい」「良い仕事がしたい」と素直に思える人が多いです。
数字目標はもちろん追うものの、我々のサービスを通じて「誰が」「どう幸せになるのか」を思考しながら働く人ばかりで、この点は良い意味で非常に驚きました!更に言うとマネージャーとして、この良さを伸ばしつつ明るく前向きなチーム作りをするように心掛けています。

会社について一番驚いたのは、社員のチャレンジを認めてくれる懐の深さです。
私も入社して2か月で、実際に新設部署を立ち上げ率いています。自分で考え抜いた仮説の正当性や確からしさが認められれば(or突き抜けた情熱があれば 笑)、会社はチャレンジテーマやポジション、権限を任せてくれます。会社内でよく話しているのは、「短期はもちろん大事、だけど3年後の事業や組織を描こう」ということです。

それだけ、僕たちが取り組んでいる業界変革は、誰も正解やたどり着く道筋を知らないということですし、自らの手でチャレンジし、気付きながら全員で進んでいくことが大事だと思っています。

確かに社内でも、予期せぬミーティングや立ち話など、上下問わず活発に意見交換していますよね!

そういったお話の中で出る現在の課題は何かありますか?

僕たちのサービスやプロダクトを介して、建設業に携わる人たちに新たな出会いやお仕事の機会を提供できる効果があることは特にこの半年で確信に変わりました。

しかし、ウェブやITというものに対して、抵抗があるお客様もまだまだ沢山いらっしゃいます。オンラインだけでのご利用促進やご案内だけでは建設業界を少しでも良くし、文化として定着させるには至りません。

僕たち営業チームは日々たくさんのお客様と接し、色々なことをむしろ教えて頂いています。そのような立場にいる者としては、そういったお客様に寄り添える何か(サービスの内容なのか、オフラインでの介在なのか)を模索し続けることが最低限の恩返しであり、事業貢献だと思っています。

どんな方と一緒に働きたいですか?

私は建設業界の不をいつも大きな山に例えます。
遠くから見るとそこにあるのはわかる。何ならその大きさや厳しさを分かった気にすらなる。だけどいざ登ってみようと近づくと、とてつもなく高すぎる山だということに気付く。
大変な道のりですが同時に登っている時のワクワクと成長は何にも代えがたい。もっと言うと、その苦楽を共にした仲間は一生の仲間になります。

世の中に無い新しい価値、だれも正解を持っていないテーマにチャレンジしたい人にお会いできるのが楽しみです。


ユニオンテックでは自社サービスを拡販するための企画型営業を募集中です。
顧客への提案はもちろん、現場で得た気付きを経営やプロダクトに反映する役割も期待しています。

ご興味ある方はぜひご応募ください。

ユニオンテック株式会社's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings