1
/
5

What we do

SaaSプロダクトを開発・提供するIoTスタートアップです!
在庫の見える化、発注点をまたぐと自動発注も!
------------- IoTで「買うを楽に」 ------------- 「日常のモノの流れを超スマートに」をミッションとし、IoTを用いたゼロクリック在庫管理と発注を行うSaaSプロダクトを開発・提供するIoTスタートアップです。 今までの在庫管理の常識を刷新する「ゼロクリック在庫管理」という新たな価値観を生み出しました。長い間、在庫管理は企業の担当者が定数以下になったらサプライヤーへ定期的に発注を行うという流れでした。ここをテクノロジーで圧倒的に効率化しています。 弊社は、独自のIoT重量計「スマートマット」を用いて在庫を可視化するハードウエアと在庫管理・発注を行うプラットフォームを開発しています。自動棚卸に加え、通知・自動発注にも対応する画期的なシステムです。 また、サプライヤー側としても顧客からの定期的な発注が見込め、商流を確保できるメリットがあるサービスとなっています。昨今のDX化の時流にともない、2018年10月のサービス提供開始から約2年で累計600社、15,000台を導入いただき、確実な需要を感じています。 主な導入先としては、星野リゾート様、トッパン・フォームズ様などの大手企業から製造業・医療現場など、幅広い顧客層で導入され、ご好評いただいております。 今後、さらなるサービスの拡大をしていくにあたり、サービスの継続的なアップグレードを通じてUX向上を図っています。

Why we do

定例開発会議
フラットなコミュニケーションにより日々意見交換
------------- 「世界中の人が日常で使ってくれるテクノロジー・サービスを提供したい」 ------------- 共同代表の志賀と林が創業前に何の事業をするのか考えていた際に、核となっていた想いです。 できるだけ多くの人の日常を技術の力で変えたいという想いを実現するため、買い物・購買にフォーカスし、2014年に創業しました。 モノの流れを変革し、世界中で買い物・消費の未来を創造することが弊社のビジョンです。 弊社の事業対象は、巨大な市場規模のある生産財や消費財の在庫管理市場です。 生産から消費に至るバリューチェーンの中で、買う→保管する→消費する→買う→・・というサイクルを辿ります。そのサイクルは日本だけでなく全世界の行われる共通の行動です。 その行動の中には、「労働に近い買い物」が含まれています。 そこに大小様々な無駄があると考え、テクノロジーでハックし自動化することで多くの人の日常に革命を起こしたいと考えています。 また自動化することにとどまらず、そこから得られるデータを機械学習に活かし、あらゆる消費・生産のDXに取り組み、人手不足の解消、働き方改革にも貢献してけると考えています。 在庫管理プロダクトは年々進化してきており、新しいプロダクトが乱立している状態です。 スマートショッピングも在庫管理市場に「重量」という切り口で2018年にサービスをローンチしました。 弊社のプロダクトは「重量」を切り口とすることで、従来の方法ではうまくいなかった細かい消費財までも自動管理できるハードウエアとソフトウエアを提供しています。 このサービスでまだどこか1強として勝ち上がるか定まっていないこの市場を狙っています。

How we do

一緒に働ける仲間を募集しています!
開発中のスマートマット
株式会社スマートショッピングでは"Smartshopping Way"という価値観・行動規範を掲げています。 【カスタマーへの発明】 カスタマーにとって本当にインパクトがあるアクションに注力しよう。言われたままに対応するのではなく、カスタマーが言葉にできていない要望を見きわめ、自分の頭で期待を超える解決策を発明しよう。 【自動化への追求】 プロダクト・業務プロセスの両方を、仕組み・アルゴリズムに落として、大きくスケールさせよう。自動プロセス・仕組みを中心にすえ、人間がそれを構築・管理する。 【シンプルなアウトプット】 シンプル・説明不要・だれにとってもわかりやすい、を目指そう。広く発想し、いろんな可能性を検討してから、知恵をしぼって研ぎすまそう。 【私がやる】 カスタマーのため、チームのため、自分が動こう。指示をまつのではなく、解くべき問題・新しいアイデア・誰も拾わないボールをみつけたら、いますぐ自分が行動をおこそう。 【結果にコミット】 結果をだす、に強くこだわろう。自分がなんとかする。それでもだめなら、自分から周りの人を巻きこみ、とにかくなんとかする。予想外のことはいくらでも起こるが、決して他責にせず、ねばりづよく結果をだそう。 【チームで大勝利】 チームで大きな勝利を掴もう。強いチームは、いろんな専門家があつまり、一人では実現できないような大きな成果をつくる。全員が力を発揮できるように、チームへの貢献や受け手を考えたコミュニケーションを強く意識しよう。 【すごくいいやつ】 真っ直ぐな心でビジネスをしよう。正直・謙虚な振る舞いは、チーム・顧客から愛されて、運も引き寄せる。間違いを素直に受け入れると、成長スピードも数倍になる。 【最高より最速】 最高にできないものは、最速でやりきろう。スピードは、競合優位に立つ上で極めて重要。100%のものを1年かけてやるより、80%のものを3ヶ月で出して改善しよう。 【4D (data-driven, Deeo-dive)】 施策や結果はこまかくデータに残し、データからあらゆる意味あいを読みとろう。強いチームは、全員が推測ではなくデータをもとに改善する。「分析・課題出し、施策実行、計測」のサイクルを超高速で回して、どんどんビジネスを進化させよう。 【Have fun, make history】 我々は正解がない業界にいる。失敗してもいいので、大きなことにチャレンジしよう。そしてなによりも、未来をつくる旅を楽しもう! 日々成長を感じることのできる刺激的な職場で、Smartshopping Wayに賛同していただける方と会社をより成長させていただきたいと思っています。