This page is intended for users in Malaysia. Go to the page for users in United States.

「会社のコト」会社でデザイナー総会を実施したら、 “学び”がたくさんありました

こんにちは。採用担当の行徳です。
ミクシィグループでは、メディア「ミクシル」を運営しています。
『ミクシィグループの魅力がまるわかりできるメディア』というコンセプトで運営されています。

https://mixil.mixi.co.jp/

記事コンテンツは、ミクシィグループの「会社のコト」、「働くヒト」を中心とした記事です。

11月に、会社でデザイナー総会を実施しました。

これは、ミクシィグループで働くクリエイター(UI/UXデザイナー、イラストレーター、グッズデザイナー、グラフィックデザイナー、サウンドクリエイター、テクニカルアーティストなど)社員が集まった決起集会のようなイベントです。

これまで、デザインに関する勉強会や技術共有会など有志で行っていましたが、全部署のクリエイターが参加するイベントは初開催です。今年4月に全部署を横断するデザイン領域という横軸の組織が生まれたからこそ、実現できたイベントでもあります。

総勢120名ほどが社内のイベントスペースに集結。とはいえ、堅苦しくならずにクリエイター同士でしっかり懇親してほしいため、ドリンクや軽食もあります。

今回のイベントでは、下記4つのコンテンツを用意。

●オープニングムービー
●デザイン領域 執行役員 加藤の挨拶 
●部門紹介のライトニングトーク
●大宴会(という名の懇親会)

オープニングムービーからイベントはスタート。

これまで全社総会などの社員全員参加型イベント以外で、専用のムービーを制作することは少なかったのですが、素材収集、撮影、モーショングラフィックス、BGM、ナレーションなど、10数名のクリエイターがこのイベントのためだけに業務の合間を縫って作ったそうです。『各クリエイターのスキルアップのためと、仲間であるクリエイターが作ることで一体感を感じてほしかったので、自主制作した。』と加藤からも説明がありました。
※ムービー全体をお見せできなくて申し訳ありません。

次のコンテンツはデザイン領域の執行役員 加藤の挨拶。

『今回デザイナー総会を実施した目的としては、ミクシィグループで働くデザイナー・クリエイターのみんなに、あるべき姿や目指す方向を共有・理解し、一致団結してほしいと思ったから。』とありました。

そして、【「豊かなコミュニケーション」に 真摯に向き合い デザインで実現するプロフェッショナル】 というミクシィグループで働くデザイナー・クリエイターのあるべき姿を説明。

『ミクシィグループはコミュニケーションカンパニー。だからこそ、コミュニケーションに真摯に向き合い、豊かなコミュニケーションとは何かを理解し、それをデザインで実現するプロフェッショナルであることがクリエイターには求められる』と力説。そこで自分たちが取るべき姿勢として、オープニングムービーの中でも語られていた「大胆に想像しよう」「貪欲に知ろう」「最高を描こう」という3つのキーワードを掲げます。

『クリエイターのマインドセットとして、まずはこの3つを意識してほしい。』とのこと。

(ムービーからの引用)

・・続きはミクシルで! https://mixil.mixi.co.jp/company/3559

株式会社ミクシィ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more