1
/
5
This page is intended for users in Malaysia. Go to the page for users in United States.

泥臭い仕事

学生時代はほとんど耳にする事のないくせに、社会人になるとやたら耳にするこの言葉、暫く好きになれなかったし、今も妙な違和感を感じるものだ。

学生時代から会計士”先生”としてキャリアをスタートしてしまった自分は、何かにつけこの言葉がよくわからない足枷に使われることが多かったからだ。どうやら、キレイなシャツを着てパソコン作業をしていると泥臭い仕事は出来ないだろうというのが世間の相場らしい。

私の実家はアパレルプリント業で、泥ではなかったが、埃とインクに塗れて作業をしているのが当たり前の風景だった。別にそれが誇らしいことだとも思わなかったし、逆に尊いことだとも思わなかった。

今の自分ならもう少し相対的に捉えらたのかもしれないが、少年の世界は狭いもので見ている光景が全てで、それでいて何も疑問を感じない当たり前の世界だったのだろう。

会計士先生になると急に恭しく扱われ、社会のイロハもわからないままタクシーの後部座席に乗せられる。それはインクまみれの世界にいた少年からはよほど不思議な世界に見えた。でも世の中から見られる自分の姿は、その心にあるのではなく、具現化された姿なんだとすぐに気付いた。

続きはこちらで

株式会社GOOD GREEN's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings