1
/
5
This page is intended for users in Malaysia. Go to the page for users in United States.

What we do

履き心地が可視化されることで、ユーザーの購入検討に役立てます。
世界中の靴の3Dデータを読み取り、最適な靴をご提案します
履き心地もデザインも本当にFITする靴に出会いませんか? 私たちは、足と靴の3Dデータを活用したマッチングサービス「フリックフィット」を作っています。 Flicfit専用スキャナ導入店舗で足を3D計測することで、店頭にある靴から自分にぴったりの靴を探し出すお手伝いをする新感覚のサービスです。 IoT技術で個人の足をデータ化し、すでにデータ化された靴の中から機械学習でオススメの靴をリコメンデーションします。 当初は実店舗からサービスインしていきますが、ヴァーチャルな世界での靴探し、さらに靴づくりへの参考となる様な分析ツールも提供していく予定です。 新しい体験をつくり、新しい文化を発信することで世界を目指しています。

Why we do

自分に最適な靴を選択できるプラットフォームで人々を幸せに
世界を幸せにする企業で一緒に働きませんか?
フリックフィットは靴選びの現状を社会課題として捉えています。 靴を選ぶとき、ブランドによってサイズが異なっていたり、国によって基準が違っていたりしていて、分かりづらいのが現状です。 靴選びはデザインに加えて健康にもダイレクトに影響を与えるため、サイズ選びや形状が自分の足に合うのか慎重にならざるを得ません。 フリックフィットのミッションは靴選びに「新しい文化」を創ることです。 この課題をテクノロジーの力で解決し、靴選びの失敗を減らし、世界中の試着行為が楽しく充実した体験の場となる様にしていきたいと考えています。

How we do

熱い議論と見せかけて終始和やかです
職種の異なるメンバーが日々議論をしながらサービスを作ってます。
世界で足と靴の3Dデータを比較した靴のヴァーチャル試着を行う企業はフリックフィットだけでしょう。 フリックフィットはユーザーの足の3Dデータに加え、靴の内部の3Dデータ化しています。 千葉大学との産学連携で研究開発した3Dのアルゴリズムによって、足と靴の3Dデータの比較を行い、機械学習によって最適な靴を選ぶことができます。 データの増大により精度が高まり、機械学習を用いてユーザーの靴の好みに合わせたレコメンドが可能になります。 2015年から研究的にスタートしたプロジェクトは、これまで社内に加えて外部パートナーとの連携が多く、 数学研究者やUXリーダー、UIデザイナー、インターン生のコンピュータービジョンエンジニアなどと協業しています。