1
/
5

エンジニアとしてキャリアを積み、役員を経験した私が、スタートアップのカスタマーサクセス&プリセールスにあえてチャレンジするワケ

ContractSを代表する社員が、半生を語るコラム『ContractS わたしの履歴書』。登場する社員は、セールス・エンジニア・デザイナー・バックオフィス等の多岐にわたります。
それぞれの分野で後世に残る仕事を成し遂げようと日々奮闘するContractS社員。彼ら彼女らが自らの言葉で語る努力や想い。読めばきっとあなたに役立つ何かが得られるはずです。

プロフィール
■中村 剛志(なかむらつよし)
職種:カスタマーサクセスマネージャー兼プリセールス
趣味:仕事、ワークアウト、美味しいもの巡り

遊びやスポーツに全力投球だった学生時代
次元を超える体験のスタートは高校時代の部活動だった

私は千葉県で生まれ育ちました。小さい頃はわんぱくで、住んでいたアパートの窓からおもちゃを投げ落として遊んでいたり、遊びで友達を泣かせてしまったりと、とにかくハチャメチャな子供だったと聞いています。
3人兄弟の長男でしたが、一番親に迷惑をかけていたことは今振り返っても反論の余地はありません(笑)

多感な学生時代を過ごす中で高校時代の部活動がひとつの次元を超える体験のスタートとなりました。
私はごく一般的な家庭で育ち、放任主義な父親の背中を見て育ちました。
高校までは、これといって凄く得意なものや好きなこともなく、周りに流されるだけの人生を過ごしていたので、中学から始めたバレーボールも全く真剣に取り組んでいませんでした。

私の通っていた高校はいわゆる文武両道精神を掲げる勉強も部活動もそこそこに結果を出すような学校でした。
中学校からの延長で特に目的意識を持たずバレーボール部に所属していた私も、勉強とスポーツにそこそこ取り組む毎日を過ごしていたわけですが、ある1人のスーパープレイヤーとの出会いが私の中の常識をぶち壊してくれました。

そのスーパープレイヤーとは、当時、優勝常連高として君臨していたチームとの一戦の中で、劣勢な状況をたった1人でひっくり返す大活躍をし、私を含む会場中の視線を一手に集め、正に一挙手一投足に歓声を巻き起こすような超人的な人でした。
私と同じ背丈のプレイヤーが、たった一人で流れを巻き起こし勝利していく光景は、まさに「小さな巨人」そのもので、私にとっての次元を超えた存在であり、同時に自分も「絶対にあんなプレイヤーになりたい」と心に強く誓ったことを、今でも昨日のことのように思い出せます。

”人間は思いの主人であり、人格の制作者であり、環境と運命の設計者である”

この強烈な原体験がきっかけとなり、ほとんど素人に近い実力しかなかった私が、リベロというポジションにおいて千葉県内5本指(当時の監督いわく)に入るまでのプレイヤーに至るのですが、同時に自分の中の根っこに「自らに起こる全ての物事は、自らの行いによって作り出されている」ことを自然と認識できたのではないかと思います。
また、「何事も、実現できるまでやり続ければ、誰もが夢をかなえられる」ことを初めて強く体感した瞬間でもありました。


汗を流して稼ぐことを覚えた大学時代
社会人になったらとにかく最速で稼ぎたい!という思いを胸に、未経験(IT)の世界へ

大学に進学してからは、アルバイトにひたすら精を出していました。
バイト先で出会った先輩に最初に教えてもらったことが「1円でもお金をいただいたら、それは仕事だ」というものだったのですが、この言葉は今でも大切な考え方の1つになっています。
それはいただく対価の高いか低いかに関わらず、仕事であれば常にプロとして接しなさいという教えであり、この頃から常に心掛けるようになりました。

”遊びも仕事も徹底的に取り組むべし”

高校時代の体験がきっかけで「やる」と決めたことに徹底的にのめり込む習慣が身についていたおかげもあり、最速で仕事内容を覚えアルバイト三昧な日々を送っていたわけですが、就職活動が始まる時期の少し前あたりから「最速で年収をUPさせていく為にはどうすれば良いか?」を考え始めるようになり、ビジネス書籍(特にあらゆる社長の自己啓発本など)を読み漁り、ゴール到達に向けた材料をインプットし、インターンや会社説明会、面接など新卒の特権を使い倒してスタートアップから大手まで色々な情報や人に触れる機会を作り続けていきました。

その結果、大学は建築学科に所属していたのですが、あえて全く知らないITの世界へ飛び込むことを決意し、IT業界でのキャリアがスタートしました。
これは、今後の市場成長が年収やキャリアに直結するという仮説を立てて、自分自身に「何を強みとして飯を食っていくのか?」を問い、「ITはこれから先も、すべての産業で必要不可欠なツールであり、ITのスペシャリストになればジョブチェンジをする際にも可能性が無限に広がるだろう」という結論を弾き出した結果の選択でした。

最速で稼ぐために、とにかく学習と経験を繰り返した20代
非常識なくらいの成長を求め続ける日々

最初のキャリアはITのベンチャー企業のインフラエンジニアでしたが、”OS”や”インストール”といった言葉すら分からない状態からスタートし、先輩社員やお客様が発する一言一句をひたすらメモしまくり、業務が終わった後に調べ尽くし翌日には理解している状態にする、ということをとにかく毎日実行し続けていました。

”習慣は第二の天性なり”

これは最速で仕事を覚えたい一心でやっていたことでしたが、この習慣こそがエンジニアとしての基本のお作法であり、これが出来ないと自分で決めたゴールに辿り着けなくなると、自分で自分にハッパをかける毎日を過ごしたおかげで、今ではこの行動が習慣化され全く苦にならない作業になりました。
ITの世界は覚える事が山ほどあって日々技術も進化し続ける為、「分からない」を無くす作業と新しい情報をインプットする作業を同時並行で進める必要があり、20代の起きている時間のほとんどを仕事に投下していたのを覚えています。

この時はまだ知識や経験が全て『点』の状態でしたが、「自分は必ず成功する」と根拠のない自信を胸に、ひたすらに詰め込む日々を送っていました。


1度目の転職を機に上級SE>>PL>>PM>>コンサルタントと、階段を一気に駆け上がった20代後半~30代前半

2つ目のキャリアは同じくIT業界の中小SI企業でした。
インフラSEとして1社目で集中的に吸収した知識をもとに、お客様先でのプレッシャーに晒されながら更なるアウトプットとインプットを実行し続け、目の前の仕事に必死に食らいついていました。
そんな日常を送る中、自身が望まずともどんどんと新しい役職と責任が目の前に現れ、常に1歩、2歩先の仕事をやり続けていたので、30代前半まで一瞬たりとも『飽きる』という感覚に苛まれることなく過ごしていました。

ここはContractSの前職に当たるのですが、私の現在のパフォーマンスの原点になっていることは間違いありません。
とことん仕事に没頭する日々の中、お客様先で感じる緊張感やプレッシャー以上に代表との仕事は辛く、苦しい日常の連続でした。
今思えば全てが必要なことであり、全て笑い話に昇華しているのですが、当時の自分は周りの人間から心配されるほどに思い詰めた表情をしていたことも多々あったようです(笑)

徹底的な結果重視の考え、完璧なトップダウン型の経営方針、お客様以上に意味を理解することの大切さ、日本語の扱い一つで相手に与える印象が大きく左右されること、常に儲けを考え続けることこそ正義とする経営者思想。
ありとあらゆる面で大きな影響を受けつつ、適応する為に毎日早朝から深夜まで試行錯誤を繰り返し続ける毎日は、いつの間にか自分を次のステージへと確実に押し上げていってくれていたと思います。

”圧倒的な量は質を凌駕する”

今思えば高校時代の実体験もあって、私の芯には常にこの考え方がありました。
自分の身の回りに起こる全ての物事は決して偶然ではなく、全て自分自身が変えてゆけること(自責思考)であると信じ続け、どれほど長く険しい道のりであったとしても絶対に超えていけるものだと潜在的に悟っていたのかもしれません、

2社目の中小SI企業ではB2B向けにインフラを中心としたシステムエンジニアリングサービスを提供していました。
私自身も貪欲に成長と報酬を求め続け、上級SE、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャー、ITコンサルタントまで、沢山の経験を積ませていただきました。
ネットワークからサーバ、OS、ミドルウェア、セキュリティと、プログラミング以外の全方位に経験を拡げ、中堅~大手を中心に統廃合プロジェクト、セキュリティ製品導入プロジェクト、アプリ開発プロジェクト、セキュリティコンサルティング等、数々のプロジェクトが今でもハッキリと思い出せるくらい、一つひとつ一所懸命に取り組んできました。

入社5年目に取締役に就任してからもプレイングマネージャースタイルで、日中時間帯はお客様先のプロジェクト業務を行い、夜や休日は自社に戻って契約業務から人財採用、メンバーマネジメント、見積・請求処理、新しい仕事のプロジェクト計画など、運営に関わるほぼ全ての業務を任せてもらっていました。

役員としての5年間は対外的にも対内的にも視座が一層高まる経験となり、基本に忠実に一つひとつの仕事に真摯に向き合いながら精力的に業務を行う日々を過ごすことが出来ました。


役員を経験し、次のステップを考える中でのContractSとの出会い
1通のスカウトメールをきっかけに、成し遂げたかった夢が心の中で再燃した瞬間

2社目の在籍が10年に差し掛かり、役員としての期間も5年を越えた頃、ある1通のスカウトメールに目が留まりました。
そこには「市場を自ら創り出し、社会に変革を起こすようなビジネスを一緒にトライしよう」というメッセージが書いてあったのですが、この言葉がきっかけとなり、就活時代に思い描いていた「将来必ず社会変革をおこすビジネスに携わる」という夢への導火線に一気に火が付いたことを今でも鮮明に覚えています。
この時すでに次のステップへの準備に差し掛かかっていた頃でもあり、「このまま流れるように人生を進む事は正しいのか」と、何度も自分に問いかけていたことを覚えています。

”人生は一度きり、迷ったらGO”

契約ライフサイクルマネジメント(CLM)という新しい市場を開拓するという前人未踏の領域にチャレンジできること、日本でトップになれる可能性を秘めたContractSという神輿を担げることは、正に社会変革そのものであると確信していました。
このチャレンジに全身全霊を捧げ、ContractSを成功させることを自分自身にも誓い、入社を決めました。


カスタマーサクセスの責任者として、プリセールスも兼務しながら日々仮説検証を繰り返し、ContractSと共に急成長していきたい

ContractSのキャリアのスタートは『ITコンサル/プリセールス』でしたが、2021年9月からカスタマーサクセスの責任者も兼任することとなり、期待以上のスピード感を感じつつ、日々試行錯誤を繰り返しながら奮闘しています。
ContractSでは全員が全体最適を考え、自分にメンションが無くとも自分ごとのように相談に乗り、一緒に答えを探してくれる仲間が沢山います。
自分が必死になって答えを手繰り寄せる中で、周りの人間がどんどん助けれくれる文化は本当にカルチャーショックでしたし、私の成長スピードを後押し続けてくれています。

カスタマーサクセスのプロセス構築や更新率の維持に向けた施策を実行に移しつつ、プリセールスとしても技術に責任を持って営業と商談に同行する日々は、大変で時に大きなプレッシャーも感じますが、『新たな市場を開拓する』ことへの挑戦を肌でひしひしと感じる日々でもあり、本当に充実した毎日を送っています。

ちょうど一年前に灯った心の火は、日増しに大きくなり、次へ次へと私を突き動かし続けてくれています。それは紛れもなくContractSの全メンバーのおかげであり、皆がいるからこそ未経験の領域にもどんどんチャレンジしていけるのだと思います。

”If you want to go fast, go alone. If you want to go far, go together.”
「早くいきたければ一人で。遠くまで行きたければ皆で。」

ContractSには多様性を受け入れる文化(承認する/される)と異なるキャリアや専門知識を持っている人が沢山います。
この多様性が自分では気づかなかった視点や知識が得られる環境を醸成し、異なるアイデアが組み合わさることでよりよい解決策を見出すきっかけにもなっています。

一人ひとりの成長が会社の成長に直結するこの環境は、自分自身の急成長を後押ししてくれる環境です。
私自身も会社と共にこれから急成長していきたいと考えています。

自ら能動的に行動し、全ての物事を自責のこととして捉え、志を胸にContractSの成長を加速させていきます。

ContractSでは志に共感し、何事にも情熱を持って取り組める方を探しています!
ContractSへ興味をもってくださった方はぜひご応募をお待ちしています!


ContractS 株式会社のサービス ContractS CLM(コントラクツCLM)のサービスサイト はこちら

ContractS株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings