1
/
5

What we do

私たち株式会社トイポは、身の回りの店舗をもっと身近に、便利にしたいという想いから、お店のファンを増やすためのミニアプリプラットフォーム「toypo」を提供しています。 サービスLP: https://toypo.me 2021年4月には2回目の資金調達実施。累計調達額は5,700万円になり、今後は人材採用の強化やチーム体制を構築し、本格的な事業展開を行っていきます。 ■店舗向けプラットフォーム・toypo■ 「toypo」は、誰でも簡単に既存顧客へのアプローチが行える店舗向けミニアプリプラットフォームです。 既にiOS/Android上に公開されている「toypo」のアプリ上に店舗のミニアプリを公開し、顧客情報の分析やとアプリを通した施策を展開することにより、顧客のLTVを向上させ店舗の収益を最大化します。 ・必要な機能を選択するだけの簡単操作で、高品質なミニアプリを5分程度で公開 ・忙しい現場の店舗スタッフに寄り添ったUI/UX、スマホで簡単に操作可能 ・初期費用無料、月額利用料のみで利用でき、かつ効果が出た分だけの料金体系 これらの特徴をミニアプリという仕組みを採用することにより実現し、今まで遅れていた中小規模の店舗のDXを実現します。 ■実績■ 2020年の10月から有料でのサービス提供を開始し、現在は飲食店・アミューズメント・美容・クリーニング・温浴施設など幅広い業態の店舗に導入しています。 資金調達を行った2021年4月時点では有料店舗数は10店舗ほどでしたが、現在は有料店舗数が100店舗を超えるなど本社のある福岡市を中心に急拡大しています。 ■今後の展望■ 今後は他業態でもサービス検証を進めて、より幅広く便利に利用いただけるサービスを目指します。業界ごとに提供する価値を深めながら福岡から日本全国へサービスを拡大していきたいと考えています。

Why we do

■お店とお客さん のつながりをスマートにする■ AIや5Gなどの先端技術が世の中に浸透する一方で、身の回りの生活圏にある店舗ではまだまだアナログなことが多いように感じています。 「よく通う身の回りのお店をもっと便利にしたい」この想いから、中小規模の店舗をターゲットに、ファンを増やす(=よく通う)ためのサービスを提供したいと考えました。 一方で店舗の方も、コロナ禍でより新規の顧客ではなく既存の顧客の定着に注力する必要性が出てきました。 中小規模の店舗の「コスト」や「リテラシー」といった課題を”toypo”で解決することで、大規模な店舗だけでなく身の回りの店舗もデジタルソリューションを使って効果的なマーケティングを行える環境を提供し、店舗が本来持つ価値を最大化していきます。

How we do

■共有するマインドセット■ 現状はまだゼロイチフェーズなので、自ら進んで課題発見し、解決してくことを大切にしています。私たち自身も、「トイポという会社を自分達自身で作り上げていっているんだ」という当事者意識をもって、各々の役割や限界を決めずに日々挑戦しています。 ■活躍中のメンバー■ 現在約20名弱のメンバーが福岡市のスタートアップ支援施設「Fukuoka Growth Next」内で働いています。経歴も年齢(20代〜40代)は各人様々ですが、どのメンバーも柔軟な考え方を持っています。自分の意見を誇示したり固執したりして意見が対立することはなく、お互いに尊重しながら仕事を進められるようなカルチャーです。 ■MISSION■ お店の価値を最大化するプラットフォームを作る ■VISION■ 人々の生活をより豊かにする ■STRATEGY■ お店とお客さんの間にある障壁をなくす ■Value■ ・CX ~サービス利用者の成功を第一に行動する~ ・Professional ~自ら考え実行する~ ・Respect ~互いに尊敬し失敗を許す~ ・Challenge ~小さい成功よりも大きな成功を~