1
/
5

【新卒インタビュー】「ありのままの自分」で正直を仕事にする!新卒社員によるクラウドエースの魅力と今後の目標について!



こんにちは!クラウドエース採用担当です!

クラウドエース株式会社は、「世界中のクラウドを整理して使いやすくすること」をミッションに、クラウド業界で世界一を目指しています。

2017年3月に、日本で初めて Google Cloudプレミアパートナーに認定されて以来、過去国内最多の700社以上の顧客様に導入実績があり、最適な導入・設計提案、導入後のアフターサポートまでワンストップで対応しております。

今回は、21卒のフレッシュな新卒の2人にインタビューをしてきました!


#お二人の自己紹介をお願い致します

叶内さん)新卒のSRE部門に所属しています叶内泰広です。

入社前は6年ほどトレーダーなど様々なことに挑戦していました!

トレーダーなどを経験した後、情報系の専門学校に通いクラウドエースに入社しました。本日はどうぞ宜しくお願い致します!


川合さん)初めまして!川合彩生と申します。今は営業部でインサイドセールスとして働いています!大学時代は4年間SEOコンテンツのインターンを行っていました。宜しくお願い致します!


#就職活動ではどんなポイントを見ながら企業選びをしていましたか?

川合さん)私は大きく分けて二つとサブ項目で一つありました。まず一つは”裁量権”です!私は、インターン時代にリーダーや新人教育など裁量権を与えてもらって様々な挑戦ができていたので、社会人になっても早い段階で裁量権が持てるかどうかを軸にしていました。もう一つは”好きなことを仕事にする”です!学生時代からSEOなどIT関連を勉強していて、未知のものに対して勉強すればするほど学べることが多くてとても魅力を感じ、ITはとても楽しいなと感じていたのでIT関係で自分が楽しいと思える企業選びを軸としていました。サブ項目では、企業のスピード感です。例えば私の就活の時期でいうと面接のリモート対応への“スピード感”や時代の流れへの順応スピードなども軸としてはありました!

インタビュアー)時代への柔軟性の大切さは改めて実感しますよね!

叶内さん)私は”働く人”を軸としていました!

就活当初は川合さんと同様に裁量権のあるところで、たくさん経験をして技術を吸収したいと考えていましたが、果たして自分にとってそれは幸せなのかと考え直しました。

結果として「仕事=マラソン」であると考えて長い目でみて楽しくかつパフォーマンスを高く発揮できる環境を軸にしていました!

私にとってその環境というのは、人と話すことに楽しさを感じたので”働く人”を軸にしていました。

インタビュアー)たしかに企業選びを長期的な目線でみることは大切ですね!

#クラウドエースを知ったきっかけや当時の印象を教えてください

叶内さん)私はWantedlyで知りました!そこから説明会に参加して一気に興味を持ちました。当時の率直な感想としては、説明会に参加した際に人事の方達が非常に楽しそうに話している姿をみてこんな人たちと一緒に働けたら楽しいんだろうなと思ったのを覚えています(笑)入社の決め手は2つあり、一つが面接に進んでいく中で社員さんが違った個性を持っていてとても楽しい人がたくさんいる企業だなと思ったことです!

インタビュアー)たしかに社員さんがそれぞれ違った個性を持っているのは非常に魅力的ですよね!

叶内さん)もう一つが弊社のポリシーに”正直を仕事にする”というのがあるのですが、最終面接時にありのままの自分で正直に全て話したところ入社できたことです。正直に全て話して入社ができたということで、ありのままの自分を受け入れてくれたと感じたのが一番大きいですね!

川合さん)私はポリシー通り正直にお話をすると、知ったきっかけはあまり覚えてないのですが、ナビ媒体から従業員規模×ITで調べた時に一番上に出てきて応募したのは覚えてます!あと説明会に行って人事の方と洋服一緒だなと思ったことがインパクト強かったです(笑)

さらに選考の時はとても印象的でした!他の企業さんと違って社員さんととても盛り上がった面接だったので、自分のありのままを出してとても楽しい企業だなと感じたのを覚えています!最終的な決め手は、現在の営業部長との面接を通して、営業の実績やしっかりと人を見てくれているんだなというのを感じ、この人についていけば間違いないと直感で感じたことです!


インタビュアー)二人ともありのままの自分を出せていたという点が共通しているのですね!

#入社前後でのギャップを教えてください

叶内さん)私が感じた一番のギャップは”研修の手厚さ”です。

入社前はベンチャー企業のイメージがあったので入社後もすぐ現場に出るのかと思っていたのですが、3ヶ月間の研修+配属後の2ヶ月の研修と約半年しっかりと研修してくれることに一番ギャップを感じました!

インタビュアー)研修が手厚いと安心できますね!

叶内さん)はい!しっかり研修をして技術を身につけた上で現場に出ることができるのでとても安心感を持って仕事に取り組むことができています!

川合さん)私は2つのギャップがありました!

一つ目が”先輩社員のフォローアップ”です。私はITが好きですが、ITに強いわけではないのでツールなど初めてのことが多い中で苦労するだろうと入社前は感じていたのですが、リモートで先輩社員が毎回画面共有などをして丁寧に教えてくれて一回も躓かなかったことがとても嬉しいギャップでした!もう一つは”裁量権”です。営業部は叶内さんと真逆で全体研修が終わったらすぐに独り立ちしています!

インタビュアー)部門ごとにしっかり教育体制やスタート時期を変えられているのはいいですね!

川合さん)そうですね!現在で言うと一人一人にタスクが与えられたりと自分でやりたいことに次々挑戦できる環境です。私の想像よりも早く裁量権がもらえているのでとても嬉しいギャップです!営業部はSRE部門より研修は長くないのですが、その分量をこなすことができるので圧倒的な成長速度で成長できています!

#入社して苦労したことを教えてください

叶内さん)私が一番苦労したことは、”資格取得の勉強”です。

弊社はGoogleのパートナーですのでGoogleCloudの資格をどれだけ持っているかも重要な部分になります。そのため私も独学でクラウドの勉強をした際は、クラウドの勉強自体が初めてだったのでとても苦労しました。でも先輩社員に分からないことを毎日たくさん質問して教えていただきながら継続しています!

川合さん)私が苦労したことは”業界知識のインプット”です。

インサイドセールスは企業に電話をしてアポイントを取るというのが仕事なのですが、

相手の顔が見えない状況下で社長さんやエンジニアさんと電話をするので会話をする中での情報に対する知識をインプットするのが大変でした!自分で調べてみても理解が浅いかなと感じた際は、先輩社員がわかりやすく説明してくれます!

#今後の御社で働くうえでの目標を教えてください

叶内さん)私の目標はしっかりと会社のエンジニアを引っ張っていける存在になることです!社内ではエンジニアのグレード評価制度というものがあり、G0~G4まであるのですが半人前から始まりG4までいくと会社のエンジニアを引っ張っていける存在になれます。現状はG0でまだまだ半人前なので目先の目標としてはいち早くG2に昇格し一人前のエンジニアとして会社に貢献していきたいです。


川合さん)私の目標はチームを持つことです!

チームを持つことで手の届く範囲が広がりさらに会社がをよくすることができると思っているからです。また私のメンターの方が3年目で既にチームを持っている状態なので、私も負けずに3年目までにはチームを持てるように頑張っています!

#目標を達成するために努力していることを教えてください

叶内さん)私が努力している点は大きく分けて2つあります。

1つは業務時間内で努力している点として、コミュニケーションスキルを磨くことです。

エンジニアのグレード評価制度では、エンジニアスキル以外にも日常業務スキルやコミュニケーションスキルなども幅広くスキルが必要になってくるのでそういった点を補えるように意識して日々仕事をしています。もう1つが知識のインプットです。ただインプットに関しては知らないことがどんどん分かるようになっていき、とても楽しいので努力ではないかもしれないです(笑)

インタビュアー)努力自体を楽しく行えているので継続ができそうですね!

川合さん)私が意識して行っていることは”人よりも行動量を増やす”ということです。

入社前は電話をすることも苦手で周りの人よりも電話をかける件数が少なかったのですが、チームを持つために周り以上に行動量を増やしてとにかく質より量をまずは増やすことを意識しています!

インタビュアー)まさに行動力で差をつける!努力の方法は人それぞれですね!


#求職者の方へ向けて一言お願いします

叶内さん自分に正直に働きたい方は、ありのままの自分を受け入れてくれる企業ですの是非一度話を聞いてみてください!

川合さん自分の目指すべき姿がある方は最短で到達できる環境だと思います!

また目指すべき姿がない方でも、いろんな経験を積むことができて目標を見つけることができるので是非お話だけでも聞いていただけたらいいなと思います!

クラウドエース株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more