1
/
5
This page is intended for users in Malaysia. Go to the page for users in United States.

厳しい環境に身を置いて、自分を律しています。

今回は19年卒の4年生、サッカー一筋で高校時代まで過ごした佐藤智将さんにお話を伺いたいと思います。

まずはPSFでの活動の前に、佐藤さんのこれまでについて教えて頂きたいです。

佐藤私は小中高と10年間サッカーをやっていました。

かなり厳しい部活で、例を挙げるなら練習前に標高500mの山を3往復させられた後にようやく練習が始まるといった環境でした(笑)

凄まじいですね、、笑 大学ではサッカーを続けなかったのですか?

佐藤入部してすぐに大怪我をしてしまって続けられなくなり、

そこからは海外に短期留学をしたり学内で留学生と交流できる機関みたいなのに所属していました。

部活を不本意な形で辞めてしまっても、ほかの分野での活動に注力していて素晴らしいですね!その後、PSFとはどのように出会ったのですか?

初めは所属していたスノボサークルの友人に勧められたのがきっかけです。後日、PSF社員の内田さんから就職活動についてお話ししましょうと連絡が来て面談をさせて頂きました。



そこでPSFに入社しようと決心したんですね!

まあそうですね、、過程が少し違いますけど(笑)

軽い気持ちで内田さんと面談したんですけど、沢山のやり取りの中でこのままでは就職活動マズイと危機感をかなり煽られました。

そして就職活動に備えるためにここで頑張ろうと思ったんです。

なるほど。焦燥感が入社を決める原動力になったんですね。

それから現在まで1年弱活動を続けていらっしゃいますが、何か苦労した経験はありますか?

正直なところ慢性的にキツイですね、テレアポは難しいです(笑)

アポイントは基本取れないのが当たり前なのですが、断られると毎回真に受けてしまうので辛かったです。

それでも活動を継続できているのはなぜでしょうか?

社員の方々の心遣いが大きかったと思います。

特に内田さんには、アポが取れないときに声を掛けてもらったりと気にかけて頂いて嬉しかったのが続けられている大きな理由ですね。

真顔で指摘される時もありますが、なぜそうしているのかを感じ取れるようになっているので頑張ろうと思えます。

なるほど。ちなみに佐藤さんが現状感じる自身の課題感はありますか?

佐藤自分はすぐ結果を出せるタイプではないので、結果を出すためにはどうすればよいのかを考えなければならないのですが、

考えて出てきた答えを実際に行動に移す所がまだしっかりできていないです。


ありがとうございます。

話は変わりますが、佐藤さんは19年卒で就職活動を終えられていますよね。どのような軸で企業を選んでいましたか?

"人のマネジメント経験"と"新規事業を立ち上げ経験"という2つの軸で企業を探していました。

理由としては将来やりたい事がいくつかあって、それを実現していくにはいま述べた2つのスキルが必要だと考えたからです。

現在の目標を是非お聞きしたいです!

短期的には内定先で営業成績1位になることです。PSFでの活動を通じて自分は営業が苦手なのを薄々感じていますが、だからこそあえて営業職で内定を決めて自ら厳しい環境で働こうと思ったんです。

そして将来的には親の会社を継ぐ、または自分で経営者となって親の会社を買収したいという野望みたいなものも持っています!


佐藤さん、本日はインタビューにご協力頂きありがとうございました!

入社前の面談から現在まで様々な壁にぶつかって苦労されていると仰っていましたが、

そんな中でも忍耐できたのは厳しい環境でサッカー一筋で打ち込んでいた経験ではないかと感じました。

佐藤さんの強みを活かし、目標に向けて頑張ってください!

株式会社キャリア・ナビゲーション's job postings

Weekly ranking

Show other rankings