1
/
5
This page is intended for users in Malaysia. Go to the page for users in United States.

記念すべき第1回 LT大会が開催されました!

こんにちは。
あしたのチームでエンジニア採用を担当している貫井、齊藤です。

先日、第1回目のLT大会が開催されました。
今回はその様子をご紹介させていただきます。

概要
月1回のペースで開催されます

※LTとは「ライトニングトーク」のことで、数分程度の短いプレゼンテーションのことを指します。
アウトプットの機会をつくることを目的に開催される本大会は、個人でテーマを決め、発表者はそれに合わせてプレゼンを考えていきます。

今回のプレゼンタイトル一覧です

●でっかくスクラム回そう
●NINTENDO SWITCH を最速でゲットするため 本気出した話
●Toggl Track でタイムトラッキングしてみた話
●ラブライブ!
●自作GEM RWIKIPEDIAについて
 ○Wikipediaのデータを扱う個人用gem非公開だけど、他人の反応知りたいので紹介してみる

発表者 3〜5名想定
●1人あたり7〜10分想定、質疑応答込み
●スライドを投影して発表でも、事前準備が間に合わなければデモ中心でも OK
●発表内容はゆるーくなんでもOK
 ○最近気になってるこんな技術使ってみたよ
 ○業務でこんなことやってみたからドヤ顔するよ
 ○プライベートでこんな取り組みしたら家庭円満になったよ

今回の発表者は5名。
緊張感が伝わるプレゼンあり、自身の趣味について熱く語るプレゼンあり、準備期間の短さを感じさせないレベルの高いプレゼンも多くありました。

オーディエンスはSlackのチャンネルで、専用スレを作って、みんなでワイワイしながら参加しました。
こちらの方が盛り上がっている時間があるくらい、皆さんとにかくレスが早いです!!
事後アンケートもとっているので、第2回に向けてさらにレベルアップしていきそうな予感です。

エンジニア採用担当として思ったこと

開発を経験したことがないエンジニア採用担当がエンジニア採用活動に携わる場合、エンジニアの皆さんが日々どのようなことを考えて仕事をしているのか知ることは、エンジニア文化を理解する上で非常に重要です。

LT大会はエンジニア文化理解と文化醸成に必要不可欠であると感じました。

私たちもカジュアル面談同席や入社前面談でお話させていただくこともありますので、全社にエンジニア文化を醸成していき、Tech企業としてさらにプロダクトを成長させていくという取組みが伝わるよう、LT大会から少しでも理解を深められたらと思います!

        ============================

LT大会開催時の写真を載せたいところではありましたが、弊社のエンジニアはフルリモートで一切出社しておらず、Zoomで開催いたしましたので、残念ながら写真がなく・・・


こちらの記事をご参照いただければと思います。
https://www.wantedly.com/companies/ashita-team/post_articles/276279

なんか宣伝しているみたいですね・・・
少しでもご興味をお持ちいただければ嬉しいです!

第2回LT大会もどのようなプレゼンを聞けるのか、今から楽しみです。

それではまたご紹介させていただきます。

株式会社あしたのチーム's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more