1
/
5

【メンバーインタビュー vol. 5】育児と仕事の二刀流!アクトビの筆頭メンバーであるSalesforceコンサルタントにインタビュー!

ビジネス×テクノロジーで新たな社会の仕組みを創り出すアクトビ。上流から下流までのビジネスの本質を見極めるプロ集団の中で活躍するSalesforceコンサルタントの吉川さんにお話を伺いました!Salesforceとは何かという基本的なお話から、これからの展望に至るまで赤裸々に語っていただきました!これまでの技術経験を新たなステージで活かしたい方必見です!


目次
①プロ集団筆頭の吉川さん、技術経験は社会人になってから?!
②様々な企業の成長を支えるSalesforce。その真価に迫る!
③柔軟な働き方で成長を続けるアクトビ。その裏にある秘密とは?
④アクトビと吉川さんの見据えるビジョン

プロフィール

吉川 千尋

山形県出身。医療系の短期大学入学を機に上京。卒業後は医療事務として従事し、その後Salesforceの技術者として東京のIT企業に転職。未経験ながら技術者として部門立ち上げを多数経験。同社大阪支社へ転勤した後、アクトビへ入社。1児の母ながら、Salesforce部門を支えている。Salesforce関連全般のコンサルタント業務から技術開発といった幅広い領域で活躍。


プロ集団を牽引する吉川さん、技術経験は社会人になってから?!

現在幅広い業務で活躍されている吉川さんですが、やはり技術経験も小さな頃からあったのですか?

吉川さん:いえ、技術者としての経験は2社目となるIT企業に入社してからなんです!正直に言ってしまうと、その前職の会社には間違って入社してしまった側面が強くて...(笑)

前々職の医療事務から転職を考えていた時は、企業の一般事務での転職をするつもりでした。しかし一般事務として入社したはずの会社にSalesforceの技術者として入社することになったんです。

それまでプログラミング等の経験も全くなかったんですよ!それどころか学校でもパソコンとか学んだこともなくて、まずブラウザって何?というようなレベルからスタートしました。ですがやってみたら意外と向いていたという感じです(笑)

未経験で技術者ですか!大変な経験もされたんじゃないですか?

吉川さん:そうですね。まずそもそも周りの人が使っている言葉がわかりませんでした。そもそもスキルがないので周りについていくことで精一杯だったのを覚えています。それにエンジニアリングの技術は日々更新されていくものなので尚更です。ただ感覚としては、小さな子が初めてケータイを買ってもらったというようなもので、ただ楽しかったのを覚えています。

それから3、4年目くらいの時に常駐業務から受託業務に切り替わる時も大変でした。Salesforceコンサルタントとして始めた当初は常駐業務が主で、担当のクライアントは1社でした。しかしその後、受託部門を立ち上げに参画したのですが、1人で何社も担当するという点で当時の私は苦戦しましたね。というのもSalesforce関連の業務は、クライアントと密に関わっていく必要があるからなんです。受託をやってきた方々からするとそれが普通なのですが、密な関係を複数のクライアント間で維持して仕事を進行するのは大変でした。


様々な企業の成長を支えるSalesforce。その真価に迫る!

技術者になった当初からSalesforceに触れてきた吉川さんにお聞きしたいのですが、Salesforceというのはそもそもどういったサービスなのですか?

吉川さん:Salesforceは基本的に営業支援をするプラットフォームで、企業の日々の商談管理や会社の活動管理をするCRMツールの一種です。ただSalesforceは業界や会社の大小に関係なく同じサービスを均質に提供しているので、それぞれの会社にカスタマイズした形で提供する必要があるんです。例えばうちのような開発会社が使うSalesforceと、メーカーさんの使うSalesforceだと、業種・業態が異なるので、営業の仕方や運用フローも全く変わってきますよね。クライアントの希望やリードタイム全然違うので、Salesforceが提供しているものをそのまま使うというよりも、クライアントごとに作り替えていくのが前提にあるツールなんです。なので私たちはクライアントにそれぞれに合うSalesforceを構築・開発して提供するお手伝いをしています。

それではクライアントと一緒にSalesforceを作り上げていくイメージなんですね!

吉川さん:そうなんです!お客さんの商材や内部の組織図に従った形で作る必要があるので、クライアントワークの比重が重いですね。クライアントに「こう作ってください」と言われたものを作るというよりも、クライアントの視点に寄り添って作っていくイメージです。なので私は作業よりも打ち合わせの時間が多いです。持ち帰って時間がかかるものは技術者の方々に依頼することもあります。日々のコンサルティング業務もやりながら、開発案件等が来たらそのPMもやっているという感じです。

まさに提案からものづくりまでの一連のフローを強みとするアクトビの得意領域ですね!

吉川さん:はい、提案から開発作業までのSalesforceと名のつくものなら全て担当するのでその要素は強いです!ただSalesforceの開発には2種類あって、それによって私の役割も少し変わってきます。1つ目は宣言型カスタマイズと言って、実際のハードコーディングをせずにクリックベースで行う開発です。Salesforce上でコーディングをせずにプログラミングができるようになっているので、そちらの開発は私1人でも完結させることができます。

2つ目は、実際のコーディングが伴う開発です。前者の場合では解決できない複雑なロジックの構築や外部システムと連携する必要がある場合はこちらになります。その際はApexというSalesforce独自の言語を使うんです。しかし言語体系がJavaにすごく似ているので、その言語を知らなくても、技術経験があれば入りやすい言語です。この場合の開発は私だけではなく他のメンバーとも協力して行っていますね。なので私はどちらかというと上流メインで担当しています。

なるほど!Salesforce部門におけるアクトビならではの強みはどんなところにありますか?

吉川さん:やはり開発メンバーに支えられた品質です。コンサルティング業務の多くは開発が案件が伴ってくるんですね。その際にどんなことでも受けてくれる開発メンバーがいるので、クライアントに自信を持った提案をできます。基本私1人では何にもできないので、他の技術者さんのおかげもあって成り立っていますし、日々感謝しています!


柔軟な働き方で成長を続けるアクトビ。その裏にある秘密とは?

現在お子さんがいらっしゃるとのことですが、お仕事との両立できているのがすごいです!

吉川さん:仕事と育児の両立ができているのは、ひとえにメンバーの協力があってこそなんです!子供や家庭の状況によって時短で上がる日やそうではない日など、日々業務時間に変動がある働き方をさせてもらっています。他の会社さんと比べると特殊かもしれませんが、それが実現しているのはメンバーの協力があるからこそなんです。

私も育児をしながら仕事をしていますが、この業界で第一線で活躍している女性が増えてきた印象を受けます。私自身何が正解かわかっていませんが、日々試行錯誤をしながら色々な人が働ける環境を作っています

社内の風通しの良さや、メンバーとの信頼の厚さというのもアクトビの魅力のひとつなんですね!

吉川さん:そうなんです!アクトビは上流の業務から担当するので、他の開発会社と比べるとクライアントワークの比重が重くなります。なので「この時間までしか働けません」というのがなかなか難しいんですよ。そんな中でも多くのメンバーが柔軟に働けているのは、ミーティングをコアタイムに集中させたり、納期のリスクヘッジなどをみんなで協力しているからこそです。

風通しの良さでいうと、提案したことがすぐに反映されるというのがあります!例えばSalesforceの資格の報奨金制度も提案してすぐに制度化されました。他で言うと、レクリエーションサークルという部活動があるんですが、部活動制度も声を上げたメンバーがいてその翌週のには出来上がりました。ちなみに部長は大橋さん(メンバーインタビューvol. 4 下記参照)で副部長は私です(笑)Switchを使ってスマブラをしたり、ランチに行ったりとメンバー同士もみんな仲がいいんですよ!


大橋さんのストーリーはこちら!


メンバー仲の良さがアクトビでの柔軟な働き方の秘密でもあるんですね!


アクトビと吉川さんの見据えるビジョン

子育てをしながら第一線でご活躍されている吉川さんですが、今後の展望を教えてください!

吉川さん:Salesforce部門については、業務改善はもちろん、今後はツール自体に縛られない本来のDxを推進していける部署にしていきたいです。現在でもアクトビはSalesforceだけではなく、他のシステムやスクラッチで作る開発であったりと様々なDX支援をしています。それゆえSalesforceとは違った別の視座でのご提案もできているので、そういった強みを伸ばせたらなと思います。

またこのSalesforceコンサルタントの募集が、今後開発やコンサルティングをやりたいと考えている方々の入り口にもなればなと思います。私自身未経験からSalesforceコンサルタントを始めたというのもあるんですが、Salesforce自体は未経験の方でもやりやすいものなんです。もちろん経験者の方に来てもらえたら助かるんですが、志を持った未経験の方に来ていただいても全然構わないと思っています。

環境という意味では、どんな人でも働くことができる環境を作りたいと思っています。私自身育児をしながら働いているので、業務時間が短い日とかも結構あるんですね。しかし他のメンバーや会社の雰囲気のおかげで、子供がいるからというような劣等感は一切感じていません。同じように、働くことは人によって目的や方法も変わってくると思いますが、そういうもっと色々な人が働ける環境を作っていきたいと思います。

まさに二刀流の吉川さんだからこそというお話ですね!最後にアクトビの環境に飛び込もうとしている方々にメッセージをお願いします!

吉川さん:こういう求人を見ていると、どうしても自分のレベルが足りていないんじゃないかとか、自分をマイナスに捉えてしまうことも多いと思います。ただそんな風には思わずにチャレンジして応募して欲しいです!最初からできるという人はもちろんですが、これからできそうという人も大歓迎です!会社としても部門としても立ち上げメンバーとして尽力してくれる人、応募待っています!

本日はたくさんのお話しありがとうございました!
株式会社アクトビ's job postings
20 Likes
20 Likes

Weekly ranking

Show other rankings